Allt om Sverige - Mini!


スウェーデン・ルンドよりミカ工場長がお届けするスウェーデン情報
by alltomsverige
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

クリスマスの飾り

 ファーストアドヴェントに1日半おくれて今日やっとクリスマスのランプを地下室からひっぱりだしてきた。これでご近所の目を気にせずどうどうと過ごすことができる。

 この時期、窓辺にクリスマスのランプ(主に山型や星型)をおいていない人ってどういう人だろう。学生寮に住んでいる学生はともかくとして、よっぽど時間がない人か、面倒くさがりか、自分の信念にこだわりがある人だろう。
 この時期は市のオフィスから学校や病院の窓辺までこの山形ランプで占領されているスウェーデンだから。

 何はともあれ今年も無事にクリスマスは越せそうだ。
 というのもどうしても地下のもの置き場に置きに行かなくてはならないものがあって、仕方ないからついでにクリスマスの飾りも取ってきたわけなんだけど、これらランプ以外にもサンタの置物や絵やら色々あるんだけど、さすがにこれらは今年はパス。
 クリスマス用カーテンもあるんだけど、これは今は考えられないな。
 
 師走目前にして実際に走りまわるほど忙しいってわけではないけど、夢の中で走っているという気分的に非常にあせっている状態。

 でも今まで暗かった家の中がクリスマスランプのおかげで明るくなって気分はいい。
 電気代が怖いけど。
[PR]
# by alltomsverige | 2005-11-29 04:28 | スウェーデン生活

道路、凍る & 96歳と91歳のカップル

 やっと冬らしくなってきて喜んだのもつかの間、自転車部隊にとっては試練の季節ということを思い出した!!(しかも自転車に乗っているときに)
 寒いー。顔が凍る!しかも部分的に道路、凍っているし。

・・・・・・

 さてもう一つのネタ。
 17日のsydsvenskan新聞の「結婚しました」に96歳と91歳のカップルのことが載っていた。
 Svea(女性)さんとTure(男性)さんはある読書サークルで出会い、TureさんがSveaさんを車で家に送って行ったことをきっかけに交際をはじめ、次第にTureさんがSveaさんのアパートに移り住んで、このたびめでたく結婚となったそう。

 彼は毎朝彼女に朝食を作っているそうで、「結婚しました」の写真も肩をだいたアツアツのものでした。
 新婚旅行には行かないけど、次の目標はSveaさんの100歳の誕生日だそうです。
 お幸せに~
 
[PR]
# by alltomsverige | 2005-11-21 07:10 | スウェーデン生活

2006年1月1日より無効になるコイン・紙幣

 スウェーデンのお金の種類は

 <コイン>
 50オーレ、1・5・10クローネ

 <紙幣>
 20・50・100・500・1000クローネ

 の9種類ですが、2006年1月1日より無効になる古い種類があります。

・・・・・・

 それはまずコインで50オーレ。今まで銀色のものと茶色ものもが有効でしたが、来年からは銀色のものは無効になります。
 最近は茶色のものしか見かけなくなりました。

 それから紙幣は3種類。
 20クローネ紙幣は2種類あり、サイズ72×130mmのものは無効になります(有効のものと比べるとやや青味がかっている)。
 67×120mmのものは引き続き有効です。

 
e0079166_2263738.jpg


 100と500クローネ紙幣は、左側にキラキラの帯が入っているものが有効。入ってないものは無効となります。

 
e0079166_2265653.jpg

 
 (写真はsydsvenskan新聞より)
 
 このおふれは夏ごろから頻繁に目にするようになりましたが、それ以前に20クローネ紙幣に2種類あると気づいた私は「偽札だ!」と驚いたりしたっけな:笑。
[PR]
# by alltomsverige | 2005-11-18 02:27 | スウェーデン生活

Home Styling

 Home Stylingという言葉、最近よく耳にする。
 TVの番組でもインテリア関係はここスウェーデンでは非常に人気。

 住宅改造からお部屋の模様替えなど様々なものがあるけど、この秋始まったHome Stylingという番組は、分譲マンションの値上げを目的としたもの。同じ物件でも、荷物もぐちゃぐちゃ、インテリアもちぐはぐなものと(またはすでに引っ越してしまった後で家具がまったくない場合もある)、家具もインテリアもオシャレだと人は欲しくなるというもの。

 今日始まったこの番組で取り上げられたのは、ストックホルムのアパート。
 広さは70平米弱だったと思う。これが2,000,000kr弱(約3千万円)で売りに出された。
 
 確かHome Stylingに使われた費用は25,000kr(約40万円弱)。それで床や壁を塗り、バスルームのかっこ悪い家具を取り外してタイルの色を変えたり、家具がほとんどなかったのでリースし、足りない分はスタイリストが自分たちで作っていた。
 ベランダも家具を置き、植物などをオシャレに配置した結果、なんと最終的には2,700,000kr(4千5十万円)まで値上がりした。

 確かにスタイリング後はかっこよくなってたけど、それにしてもちょっと手を加えただけで1千5十万円も値上がりするなんてどういうこと??単純に費用を差し引いても1千万円以上の儲けになる(もちろん値上がり分の数パーセントはスタイリング会社が取るんだろうけど)。

 すごいなーと思うけど、実際に自分が買うときのことを考えるといやだなぁ(笑)
 
[PR]
# by alltomsverige | 2005-11-17 23:30 | スウェーデン生活

寒い!

 冬は突然やってきた。それにしても、今年は「やっと来た」って感じ。

 午前中は2度。日中は天気がよかった。そのせいか、午後3時ぐらい温度計を再度チェックしたら、0度だった。その後は知らない。

 でも0度まで下がると、私的には気分がいい。鼻から吸い込む空気が気持ちがいい!
 反対に5度ぐらいでぐずっているのは非常に気分が悪い。
 30度か0度かはっきりして欲しい!私。特にここスコーネ(南スウェーデン)ははっきりしないどっちにもつかない温度というか天気が多いのよねん。
 しかも風強いし。

 ウニの散歩、セーターではさすがに寒かろうと、今日はウニの嫌いなフリースのパーカー。
 最近はましになったけど、でもやっぱりはじめの1分は固まる。歩き方がぎこちない。
 右足と右手が同時に出ている感じ(?)。
 何が嫌いなんだろう。脱ぐ時の、あのぱちぱちがいやなのだろうか?(静電気といわんかい)
 それとも腕があるのが嫌いなのだろうか・・・

 どっちにしても、洋服なしで外に出ると、寒くてガタブル震えるんだから、冬の間は我慢して欲しい。

 
e0079166_2293115.jpg


 (お気に入りの石の上より人々を眺めるウニ)
[PR]
# by alltomsverige | 2005-11-16 22:38 | スウェーデン生活

北欧一のピザ屋決定-ヘルシンボリ-

 はっきり言いましょう。スウェーデンの代表料理・国民食はピザです。

 スウェーデンに来る前は想像つかなかったことだけど、ス人は本当にピザをよく食べる。別の言い方をすると、ピザしか食べるものがないともいえる。
 
 もちろんスウェディッシュミートボールなるものも(簡単に言うと肉団子ですね)有名で、ランチではだいたいどこでも扱っているし、スーパーのチルドコーナーに行くと山のように肉団子、いや、スウェディッシュミートボールがおいてある。
 スの代表的な世界企業IKEAのレストランでもほとんどの人がこのミートボールを食べている。

 が、やっぱりピザにはかなわない。
 だいたいどこの町にもピザ屋さんは数件あり、夕方通りを眺めていると、ピザのテイクアウトの箱を抱えた人を一人や二人見かけるのは日常的なこと。
 何食べる?と悩んだときに人々が選択するトップがこのピザであり、値段も手ごろ。注文から出来上がりまで15分とお手軽なところがス人に受け入れられているのだろう。
 メニューはクラッシックなものから、北欧名物だろうと私が思っているケバブピザ、そしてルンドだったらルンドスベシャルなどと非常に多彩。
 そしてピザ屋の多くは移民。これがスのピザ屋の特徴。

 そしてこのたびストックホルムで行われた北欧ピザ屋大会で1位に輝いたのは、ルンドから電車北上したところ約1時間のヘルシンボリという町にあるLa Pizzaを経営するNebosja Pavicevicさん。
 Nebosjaさんが作るのは、グルメピザ「la carpaccio」。モッツアレラ、トリュフ、牛フィレ肉の薄切り、パルメザンチーズそしてルッコラ。そしてピザ生地にはspeltを使用(spelt wheat
スペルト小麦{こむぎ}◆【学名】triticum speltum◆粒は小さく褐色で他の小麦と異なり外皮からの分離が非常に難しい。少量のグルテンに対して高質の不飽和脂肪酸とビタミン B 類、ビタミン E が豊富なため体に良いとされる小麦:スペースアルク辞書より)。

 ヨーロッパ大会はスペインで行われる予定。どんなピザが出てくるのか!
[PR]
# by alltomsverige | 2005-11-16 19:44 | 食べ物

冬の始まり

 ちょうどこのくらいの時期、11月下旬か12月に入ると嵐がやってくる。今年の嵐も月曜日の夕方からはじまり、今回は2人が亡くなったそうだ(スカンジナビアで。ご冥福をお祈りします)。

 忘れもしない99年の12月の嵐。私のHPのレポートにも載っているけど、あの嵐はすごかった。日本は夏の台風、こちらは冬の嵐。
 
 相変わらず嵐にやられたスウェーデン中部の多くの家庭では電気が止まったというし、前回の嵐で電気がストップしてたくさんの人が電気なしの生活を1ヶ月以上も強いられたのは、そんなに遠くもない昔なのに。

 嵐がやってきたといっても、今週はいい天気が続く見込み。そのせいか、非常に寒い。
 本格的に冬が始まるのかな。。
[PR]
# by alltomsverige | 2005-11-15 18:59 | スウェーデン生活

季節はずれ

 HPの掲示板に書いたのか、このブログに書いたのか、それとも書いてないのか全然思い出せないけど、今、思い出したことをひとつ。
 
 10月だったか、なんとセムラを発見。セムラとはこのブログの左上の写真。簡単に言うと春の断食あけに食べるお菓子のこと。
 だから秋にこれを見つけるということは、まるで、「カキ氷はじめました」を3月に発見するようなものなのだ。

 こういう季節的なものに保守的だと思っていたスウェーデン、どうなったの?
[PR]
# by alltomsverige | 2005-11-14 19:05 | 食べ物

ウニはコタツで丸くなる

 犬は寒さに強いもんだと思っていたけど、どうやらウニは弱いらしい。
 
 今日は久しぶりに天気がよかったので、市立公園を散歩。うちから市立公園までは数百メートル、2分もかからないけれど、市立公園の中に入ってしまうとあっちだこっちだとウニ姫に連れまわされるので(もちろんウニの思惑通りには動かないようにしているけど)、いつもは公園のサイドに走っている通りを往復するくらいでやめるか、もしくは町ルートにしている。

 ここ数日雨続きだったので、この通りはべちゃべちゃ。幸いすごい量の落ち葉が絨毯のかわりになって、フカフカと歩きやすい。
 ウニは砂場とかたくさんの落ち葉の上を気が狂ったように走り回るのが大好きで、今日もこの落ち葉の海の中をザザザーーーっと駆けずり回っていた。

 うんことおしっこを済ませ公園の中に入る。ウニの好きな場所はたくさんあって、まずひとつは池。たくさんのカモがいて、目がらんらんとなる。だてに狩猟犬ではないのだ。捕まえたくて捕まえたくてしょうがないらしい。
 でもウニには欠点がひとつあって、水が怖い。

 犬には2つのタイプがあるようで、前者は水が大好き、または気にしないタイプ。後者は水が嫌い、または怖いタイプ。ウニは後者。
 だからカモが悠々と泳いで、しかも近づいてきているのに(多分人間をみると餌をもらえると思って寄ってくるんだと思う)何もできずに岸からものほしそうに眺めているのは、ちょっとかわいそう。だけどここでカモを捕まえてもらってもしょうがないので、リードはしっかりと握っていますが。

 今日は公園の中を流れる川で新たな発見をしたようだ。
 水を飲みたいのか、川に浮かんでいる鳥に興味があるのか、川ぎりぎりまで身を乗り出すウニ。すると岸の葉っぱが川に落ち、流れに沿ってゆるりと流れ始めた。
 それを発見したウニ。葉っぱが自分でゆるりーんと移動していくのが不思議でならない様子。その様子がまた可愛い。
 水が好きな犬なら、この葉っぱを追っかけてザブンと飛び込んでも不思議ではないところだけど(この川は非常に浅い)、ウニ、ここでもじっと流れ行く葉っぱを眺めているだけ。
 そのニュートラルな横顔が面白い。でも頭の中では色んなこと考えているんだろうなぁ。

 もうひとつ好きな場所(もの)は巨大な石。これは公園の外側あるんだけど、この石に飛び乗るのが日課となっている。
 JRTは三次元の動きができる犬と説明されていることがあるけど、その通り、猫のように上方に向かってのジャンプがすごい。この巨大な石へのジャンプもはじめは怖がっていたけど、私が「絶対できるから飛んでみなさいよ!」と応援したら本当に飛べて、自分が飛べるとわかったらその後、ここを通る度に飛び乗ってみないと気が済まないらしい。
 これと同様、いつも行く郵便局までの道のりに大きな木があるんだけど、そのまたの部分に飛び乗って自転車道路を過ぎる人々を眺めるのが大好き。猫のようなウニ。

 こんな感じで天気がいい日のお散歩は私にとってもウニにとっても楽しいものなんだけど、寒い日はがたがた震えているウニ。
 洋服を着せるとある程度は暖かくなるみたいだけど、それでも寒い日の散歩は辛い。
 コタツがあったら絶対に丸くなって寝ているウニだろうなぁ。
e0079166_21332346.jpg

[PR]
# by alltomsverige | 2005-11-09 21:34 | ウニ ジャックラッセル

ハロウィン

 ハロウィンかなんだか知らないけど、どうやら昨日今日と町中でパーティー。
 ウニの散歩で出会うのは酒屋(systembolaget)の袋をさげた若者若者。

 これってハロウィン関係?でしょうね、今だったら。
 このハロウィン、少なくとも私が住んでいるルンドではさほど盛り上がっていないような気がするんだけど、若者が何かにこじつけて酒を飲むのはスも日本も一緒か?

 という私もワイン飲みながら投稿しているわけで、年中ハロウィンと言ってもいいほど。
 ちなみにいつもの安売りのブリーチーズはやっぱり美味しい。今回のは500g20krのKOLIBRIE。

 いつまでも暖かい暖かいと思っていても、夏時間終わりハロウィーンが過ぎる頃にはさすがにお日様が出ている時間も短くなっているわけで、今日なんかも午後2-3時にはすでに夕方気分。
 一年で一番夜が長い日あたりは(12月下旬)、3時といったらすでに夜なわけで、そこまであと1ヶ月ちょいとせまった今はもうこんなもんなんだろうな。
 
[PR]
# by alltomsverige | 2005-11-06 04:08 | スウェーデン生活
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧