Allt om Sverige - Mini!


スウェーデン・ルンドよりミカ工場長がお届けするスウェーデン情報
by alltomsverige
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

あれは何?!

 ルンド郊外の小川までの散歩。この日(11月27日)は結構寒くて・・・

e0079166_20445.jpg


 池にも氷が。

e0079166_203327.jpgよく見ると、ウニさん!前足が水の上ですよ!(氷だからやるけど、水だったら絶対にいかない部分)


e0079166_213685.jpg


 白鳥だ!氷にはまって動けないのかな?

e0079166_222415.jpgウ:ねえ、あそこまで行けると思う?
私:行って何するの?
ウ:白鳥助けるの。
[PR]
# by alltomsverige | 2006-01-09 02:03 | ウニ ジャックラッセル

ウニとカスカ

 カスカはウニのいとこだ。ウニより4ヶ月ほど若い。
 カスカがス人兄のところにやってきた頃はほとんど同じ大きさだったのに、すぐにウニを追い越し、1年もたたないうちにカスカの体重はウニの6倍になった。
 ウニは現在6.2kgぐらい。多くても6.3kg、減っても6kgで落ち着いている。ほとんど平均体重。カスカは1歳にもならないのに36kg。まだ大きくなるそうだ。
 でもまだ成長途中にあるカスカは階段の上り下りが苦手のようで、どうしても無理な時はス人兄が36kgのドーベルマンをお姫様抱っこして階段の上り下りをする。その姿はとっても滑稽。

e0079166_15110100.jpg
 小さくてすばしっこいウニ。大きくてぼよーんとしているカスカ。なのにこの2匹、とっても仲が良い。恐ろしいほど仲が良い。良すぎて困る。



 カスカは小さい時からウニ姉に鍛えられたせいか、まだウニほどの早さでは動けないけど、兄弟そして一般的ドーベルマンの中ではどうやら動きが機敏らしい。
 そしてウニも早いうちから巨大になっていくカスカと取っ組み合いの遊びをしているせいか、特に大きい犬に対しても怖がらずに対応する。それどころか互角に遊ぶ。女の子なのに。

e0079166_1514750.jpg<気づくとこのウニのベッドに2匹で丸くなって寝ていることがある。どうやったらここに収まることができるのか、カスカ>



 クリスマスの休暇で犬たちが実家の猫軍団を窮地に追い詰めたことは前にも書いたけど、その際もウニとカスカの微妙なコンビが非常にうまく働いた。
 カスカ、もちろん猫に追いつく早さで動けるわけではないが、目ざとく猫を発見し「ウォンウォン」とウニに知らせるやいなや、ほぼ猫と同じ速さで追いかけるウニ。
 そしてその身体の柔らかさを利用してソファーの下まで追い詰める。ウニってば血も涙もないやつだったのねん。
 猫たちにしてみると本当にいい迷惑だ。

 違いすぎる外見とは裏腹にとってもいいコンビのウニとカスカ。時には兄弟のような、そして時には友達のようなウニとカスカ。

 昔はウニを連れて返ろうとしてカスカにアタックされたこともあったなぁ・・・。そしてカスカが注意されていると便乗してカスカをいじめるウニ。

 ウニ、カスカともに犬友達にあうのは好きみたいだけど、お互いに会ったときが一番興奮しているので、やっぱり好きなんだろうなぁ。
[PR]
# by alltomsverige | 2006-01-09 01:54 | ウニ ジャックラッセル

ドッグランの仲間達(11月13日)

 パリ在住の人のブログによると、パリの公園では犬を自由に歩かせることが出来るらしい。うらやましい・・・。

 ルンドにもドッグランはあるけど、主に郊外にある。意味無し・・・。
 郊外に住んでいると自然までも近くドッグランの必要ないのでは?と思ってしまうんだけど、土地の問題なのかな?スウェーデンといえどもルンドの町中にはドッグランを作る場所がないのかもしれない。
 (いや、実は犬友達とここはいい場所だね、と狙っている場所はあるんだけどね)

 たまに行くのはうちから一番近くにあるKlostergårdenにあるドッグラン。ここは日曜日のルンド郊外の小川までの散歩会の帰り道にあり、せっかくなので散歩の帰りに寄って帰る。ウニにとっては盆と正月がいっぺんに来たような楽しさ!
 
 写真は11月13日撮影。じっと立っている飼い主には辛い冬の日。

e0079166_134970.jpg


e0079166_14119.jpg
この子は性格もよくてふわふわの毛が気持ちいい。


e0079166_14364.jpg
真ん中に立っているドーベルマンはウニのいとこのカスカ(ス人兄犬)


e0079166_10683.jpgやっぱり同じような大きさの犬同士のほうが遊びやすいのかな?ウニとカスカは別として(ほおっておくと死ぬまで遊ぶ)


e0079166_112937.jpgドッグランに行った日は比較的家の中でおとなしくしてくれるので、うちの近くにもドッグランが出来たらいいのにと願う毎日です。
[PR]
# by alltomsverige | 2006-01-09 01:06 | ウニ ジャックラッセル

この世は興味深いものばかりbyウニ

 散歩中のウニはとにかく色んなものに興味を示し、落ち着きがないといったら表現が悪いかな?一時期のようにルンド中の人全てに挨拶を!そしてルンド中の犬と遊びたい!という感じではなくなったけど、それでも忙しい。ちょっとは落ち着いて散歩して欲しい。

 町で育ったせいか比較的町歩きは得意だけど、土・芝生の場所に行くと1歳になった今もまだコントロールがとりにくい。
 
 そして狩猟犬ゆえか、鳥猫をみるととにかくいてもたってもいられなくなるらしく(薬が切れたかのように震えるウニ、それとも武者震いか?)飼い主の私にとっては散歩中にウニよりいち早く猫を発見して、道を変えることが重要になってくる。

 うちのス人実家には3匹の猫がいるけど、ウニがいる時期はほとんど猫たちは家によりつかず、3匹のうちの唯一のオス猫osianなんかは今回のクリスマス休暇、窓越しに1度姿を見たっきりだった。
 (その後、ウニがルンドに戻ったとたんに家出中だった猫が戻り、実家に平和が訪れたと聞いた。)

e0079166_0335497.jpg
 ウ:美味しそうな鳩だなぁ・・・(撮影:2005年10月24日)



 動物だけじゃなくて人にも興味津々なウニ。通り過ぎる人の顔をまじまじと眺めたり(飼い主が恥ずかしくなるほどじーーーーっと舐めるように見つめる)、遊んでいる子供、群れている若い女の子たち、家族連れなどがいると自然とその輪に入ってしまうのでこれまた恥ずかしい。
 あんたはそこのうちの子か?あのギャル達はあんたの友達か?あれらはあんたのサッカー仲間か?

e0079166_0363847.jpg
 <休み時間に外でふざけている大学生に興味津々のウニ。彼らも微動だにしないウニの熱い視線を感じていたことでしょう。>(撮影:2005年10月24日)




 色んなことを考えて学んでいるウニ。もうすぐ話し出しそうな感じだけど、そうなったとしても私は驚かないだろうな。
[PR]
# by alltomsverige | 2006-01-09 00:43 | ウニ ジャックラッセル

蚤の市とセカンドハンド(8月20日)

 ルンドの蚤の市といったら、毎週土曜日8時~14時頃までルンド南に走る通りSödra esplanaden沿のもが有名。
 うちのス人は蚤の市が嫌いだということで(購入するのも行くのも嫌だって)蚤の市に行くときはほとんど一人だけど、最近はウニの散歩がてら出かけることも多い。

e0079166_23534056.jpg 
 

 ウニ:必要なものが安く買えて、蚤の市っていいところだね~。色んな犬と会えるのも嬉しい!




 最近買ったものはバインダー。
 スのバインダー、ごつくて値段も高い。店で買うと1つ300円以上はするのに、なんと7つ10kr(約150円)で売ってくれた!うわーい!

 蚤の市とあわせて私がよく利用するのは、ルンド中心部を走るStora södergatan沿いにある「Eriks Hjälpen」というセカンドハンドの店。
 毎日色んなものが入ってきて出て行くので、かなり頻繁にチェックしないといけないけど、私はここでIKEAでは600-700krで売っているリラックスチェアを90krで、今はコピー機置きになっているコンピューターボード35kr、集めているワイングラス(定価45-50krのもの)一つ15krなどをゲット。
 
 昔は私が買ってきたものをいやーーな顔してみていたうちのス人だけど、最近は何も言わずに使うようになったので一応免疫はできたのかな?
 どうせ同じものなら安いほうがいい人には蚤の市、セカンドハンドは強い味方!
[PR]
# by alltomsverige | 2006-01-09 00:03 | スウェーデン生活

日光浴大好きウニ(7月10日)

 ちょっと時間はさかのぼるけど、去年の夏(2005年夏)は本当にいい夏でした。
 運が悪いと夏中曇り、気温は15度いくかいかないくらい。Tシャツなんていつ着るの?という夏もあるスウェーデンにしては上出来の夏でした。

 ウニ、生まれも育ちもスウェーデンのれっきとしたスウェーデン犬はもちろん多くのス人同様日光浴が好きだった事実に気づいたのは夏が始まった頃。
 居間からベランダに続くドアを開けておくと、自分で日があたる場所を選んで何時間でも日光浴している。ベランダにいけない時は、部屋の中の日光が当たる場所を探して寝転んでいる、ベランダに出るときには帽子サングラスは欠かせないという私とは正反対のウニです。

e0079166_2363899.jpg
 いい夏のルンド歩きほど楽しいものはない。住宅地を歩くとそこらじゅうお花がたくさんで歩いているだけで楽しくなります。
 ウニも暑くて楽しそう。変な顔のウニだったので載せてみました。

 ウニ:うはぁ~。暑くて気持ちいいねぇ~。

e0079166_2384345.jpg

 気づくとこのようにベランダにでて日光浴をしているウニ。




e0079166_239235.jpg

 ウニ:あー気持ちいい。何時間でもこうやっていられる感じ。ああ、寝ちゃいそう。ぐー。




e0079166_231017100.jpg
 ウニの変なところといったら突然リラックスすること。散歩から帰ってきて、アパートに入ろうとしたところで座り込み、日光浴です。はじめは何をはじめるのかわからずびっくりした私ですが、何もしないウニ。・・・・太陽の当たり方がちょうど良かったらしい。
 このほか、突然公共の道路で座り込んだりしたりするので飼い主としてはびっくりするのですよ。

 私:あのー、ウニさん・・・うちに入りたいんだけど・・
 
 ウニ:あー、日光浴って本当に気持ちいいねぇ~

 上の写真のウニの足ですが、この格好、結構気持ちいいらしく頻繁にします。JRTはよくするのかな?ほかの犬の飼い主は驚いて「見てみて!面白い座り方しているわよ!」ってよく指摘されます。

e0079166_231499.jpg

 ソファーの上でくつろいでいるときも、これ。




e0079166_23144622.jpg

 確かにJRTは狩猟犬でキツネの巣穴に入り込まなくてはならないので、股関節は非常に柔らかいらしいんだけど・・・・




e0079166_23154160.jpg

 ウニ:なに?何か文句でもあるの?!
[PR]
# by alltomsverige | 2006-01-08 23:18 | ウニ ジャックラッセル

大好きな犬(6月8日)

 ウニをもらいに行く前に人形ぐらいは用意しなくちゃならないだろうと適当にかったこの犬の人形。この犬がウニの初めての友達になりました。
 適当に買ったわりには(手触りで決めた)ウニの激しい攻撃にも比較的たえ、数回の大手術を経験しながらもウニの相手を務めること8ヶ月、今は引退し、穏やかな犬生を送っているわけです(玄関のコートかけの上の物置で)。
 
 この頃はまだ目があった頃。(後に両目なくなる・・ひえ~。鼻はすでにないかな?)

e0079166_22465943.jpg

 ウニ:この子は私の親友なの。いつも一緒にいるのよ。




e0079166_22482685.jpg

 私:親友の鼻をもいじゃったのは誰なのぉぉぉぉ~?
 
 ウニ:さあ~~~。しらなーーーーい。




 という風にとにかくおもちゃを破壊することを生きがいにしているウニですが、感心なのは、自分のものと私たちのものをしっかりと区別していること。
 よくJRTに自分の洋服やバックを破壊されたという話を聞くけど、今まで(赤ちゃん時代のスリッパがじがじ事件を除いて)ウニが私たちのものに手を出したことは大人になってからはありません。
 
 クリスマスにたくさんのおもちゃをもらったウニですが、その時にもらった小さなクマの人形(ウニのもの)を、別のぬいぐるみ(ウニのものではない)と並べて置いていたのに、手を出すのは自分がもらったクマの人形のみ。
 両方一緒においているわけだから、間違ってもう一つのほうのぬいぐるみをとってもいいはずなんだけど、その辺きっちりと区別して自分がもらったクマちゃんを破壊しようとしていたウニでした。

 というわけで、安心しきって靴やバックをその辺にがんがん置いている私だけど、あまり信用しすぎるのもいかんかなぁ??

 と、この調子でクリスマス休暇中、うちのス人実家でス人兄犬からコートと靴を攻撃されたのはやっぱり気がたるんでいる証拠だろうか。
[PR]
# by alltomsverige | 2006-01-08 22:57 | ウニ ジャックラッセル

謹賀新年 うに年

e0079166_5535045.jpg

[PR]
# by alltomsverige | 2006-01-01 05:45 | ウニ ジャックラッセル

クリスマスの飾り

 数日前にブログでクリスマス山形ランプが話題に出たので、一気に写真撮りまくってきました(というほどでもないが)。写真多いです。しっかりついて来いよ!

 まず山形ランプ(と私たちが言っているだけ)のElljusstake。

e0079166_5223112.jpg


 窓枠のところにちょこんとみえるやつがそうです。赤い橋のようでもありますね。
 最近は色んなタイプが出てきて、おっしゃれー(そして高そー)なやつもたくさんあります。

 大聖堂前の建物にあったやつ(私物ではなく、公共の建物、もしくは会社のもの。なので堂々と撮影:笑)なので、ガラスに大聖堂の姿がうつり、綺麗☆

 次は結構基本形。

e0079166_5254683.jpg


 素材が木で、うちにあるのもこれです。
 これまたガラスにうつった大聖堂が素敵☆

e0079166_5264784.jpg


 これまた新しい素材ですが、形はやっぱり基本の山形。これだけはどんな素材になってもはずせないのか。たまーーーに横に一直線を見かけるけどそれはどっちかというとデザイン性を重視してあって、基本といったらやっぱり山形でしょ。

e0079166_5275773.jpg


 銀行のショーウインドーにおいてやったやつ。よくみたら、上の写真のものと同じ?

 つぎは窓の上から下げる星型ランプ「Julstjärna」です。

e0079166_5291898.jpg


 私が持っているのはMade in Sweden(めずらしいでしょ)の鉄製の星ですが(数年前まではこれが一般的だったような気がするけど)、ここ数年は色んな素材のものが出てきているJulstjärna界です。
 これはよく見かける紙製のもの。ちなみに中に小さな電球を入れて暗くなると電気をつけます。写真撮ったの昼間なのでそのままの写真ですが、夜になるとそこらじゅうのアパートの窓辺に星が光るわけです(あれ?でもちょっと光ってるかな?)。

e0079166_53282.jpg


 上と同じ店。紙製の星です。この手のものって、折りたたみ式になっていて、意外と取り扱いが簡単なように思えるんですが、実際に使っている人どうですか?
 うちのは鉄製なので、例えば電球を取り替えるときとか、手を切っちゃうことあるんですね(笑)

e0079166_533437.jpg


 店の飾りもこの時期はこんな感じです。

 中にはプラスチック製の星がぷらーんと下がっていることもありますが、大体こんな感じでしょうか。
 デンマークも同じ飾りかな?と思って行く度に観察するけど、どうも向こうは義務ではないらしい。スウェーデンは国民の義務ですから、星飾るの。
 それとデは飾ってあったとしても、みな好きなもの置いてるって感じで、「クリスマスなんだからElljusstakeとJulstjärnaに決まっているでしょ!」というスウェーデンとは違って自由な感じ。

 その辺のところどうなんでしょうね。数もぐんと少ないし、はっきり言ってデンマークの窓辺、寂しいです(笑)

 最後に仕事部屋の窓辺にウニスペース作りました。星と同居でぎゅうぎゅうですが、この窓から外を眺めて世の中を監視するのが最近のウニの日課。

e0079166_541339.jpg

[PR]
# by alltomsverige | 2005-12-12 21:19 | スウェーデン生活

風邪っぴきウニ

 うわ!12月になっているし。しかもすでに8日だし!!!
 
 このままだと明日にでも大晦日がやってきそうな雰囲気なので、忘れないうちにご挨拶しておこう。
 みなさん、2005年はありがとうございました!2006年もよろしくお願いします。
 良いお年を~


 ・・・・

 そうそう、ここ数日、ウニが風邪引いています。
 寒くないように散歩の時には洋服を着せているんだけど、本人(本犬)は洋服が嫌いらしい。
 もしかしたら「洋服=寒い」って認識してしまったのかも!
 ウニ!それは間違いだ!!!

 で、日曜日に洋服なしで散歩に出かけてからどうも具合が悪くなってしまったウニ。
 といっても熱があるようではない。ただくしゃみがすごい。
 家のなかでぬくぬくしている時は落ち着いているけど、外に出るとくしゃみの連発。
 もうブシュブシュいって、ブシュっていうたびに身体まで浮き上がるのを見ていると、ウニには悪いが笑っちゃう~
 でも本人はいたってまじめ。ぶしゅぶしゅいいながらも散歩は続ける。
 だるくて動かなくなるというまではいかないので、このままでいいのかな?
[PR]
# by alltomsverige | 2005-12-08 21:03 | ウニ ジャックラッセル
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧