Allt om Sverige - Mini!


スウェーデン・ルンドよりミカ工場長がお届けするスウェーデン情報
by alltomsverige
プロフィールを見る
画像一覧

<   2008年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

大学でキャンピング Campa i universitetet

 ルンド大学にやってくる学生にとって一番深刻な問題は住居問題
 毎学期のように新聞ネタになる住む所がない学生、ユースホステル住まいの学生、ユースホステルすら取れず外でテント生活をする大学院生、ルンド大学生の住宅問題は涙なしでは語れません。
 私もここルンドの住宅難で涙を流した一人、毎年学期始めに必ず取り上げられるこのネタを見ては再び同情の涙を流すわけです。

 たしか前学期はドイツから晴れて大学院生活を送るためにルンドまでやってきた男性、他のスウェーデン学生と同じように住まいを見つけられず、しばらくユースホステルの外にテント張って生活していました。あの彼は今、どうしているかな。。

 状況は私自身が涙した2000年とほとんどかわりません。
 
Nyköpingからルンド大学消防設備士学科に入ったCarl君、もちろんその他大勢の人と同じように学期が始まるまでにアパートを見つけることができませんでした。
 ルンドには何のつてもなく(あー、この厳しさも痛いほどわかる!つてがないと本当に無理!)一般的な学生アパートに申し込みをするも部屋獲得には程遠く、結局最終的に彼がとった策はルンドまでキャンピングワゴンもっていって、アパートが見つかるまでそこで生活するというもの。

 可哀想にね。これから大学生活が始まるというのに大学敷地内の駐車場でキャンピング生活。授業が終わっても帰るところは駐車場。そこに停まっているキャンピングワゴン・・・。ううう(涙)
 学部の計らいでここに駐車してもいいという許可をもらっていたCarlくん。しかし世間はそう彼には甘くありませんでした。大学のサービス課がキャンピングワゴンの立ち退きを彼に言ってきたのです。うううう(涙)
 アパートもなく、そして最後の頼みの綱のキャンピングワゴンまで移動させろというサービス課のお達し。Carlくんが何をしたというのでしょう!彼は勉強しようという志をもってここルンドまでやってきたわけで、アパートをゲットできずに困っているのはCarlくんなのに、それなのに、ああ、それなのに・・・(涙)
 おばさんのところに泊まりにおいで・・って言いたい所ですが・・。
 
 考えてもみてください。19,20歳のまだまだこれから社会にでて経験をつんでいく若者に降りかかるこの非情な世界。あ、そういえば私も19歳、大学生になった段階では住むとこなかったんだわ・・・そんでアパート見つけてからも布団がなくて2週間ぐらい床に寝たんだわ・・。

 ま、これは置いておいて、ここでの問題は学部があそこに停めてもいいといって助けてくれたのに、同じ大学のサービス課が立ち退きを要求している。この辺のポリシーにずれがあるところなどは非常にスウェーデン的。
 11月23日までにキャンピングワゴンが設置可能な場所まで移動させることという指示を受けたCarlくんですが、そんな場所はルンド北西にあるプールがある近く、でもこれは夏だけの営業。じゃなかったらSjöbo・・遠いよっ!
 でね、その段階では12月1日から入居できる住処を見つけたわけです。あと1週間だけここで生活したら大丈夫なわけです。好きで住んでいるんじゃないの、しかたなくここで生活をして大学いって同時に何ヶ月も住処を探し続けてきたわけよ。
 あと1週間なのに、サービス課は
 「ダメ!ダメ!ダメったらダメ!23日にはとっとと消えなさい!!」 ・・とは言ってないけど、そんな感じ;苦笑。
 とりあえず彼をサポートしている消防設備士学科の責任者であるRobertさんのゲストルームに12月1日まで泊めてあげるらしい。

 Carlくんはお皿を洗う時にはいちいち外から水をくんでこなくちゃならないし、シャワーは学校内で済ませて来ていたそう。

 これは数年に1回起こるかどうかの珍しい話じゃなくて、毎学期ルンド大学に来たたくさんの人が経験していることなんです。Carlくんはその中の一人。
[PR]
by alltomsverige | 2008-11-27 19:45 | スウェーデン生活

パートナーの夢の職種・こんなパートナーが欲しい!     Partners drömyrke

 日本ではどんな職業の男性・女性がもてるんでしょうか?
 CITY2008年11月5日の記事で「パートナーの夢の職種」という記事があった。
 これはあなたのパートナーがどんな職業だったらいいと思いますか?というアンケートの答え。日本だったら医者か弁護士か?(←これって古い?)
 
 雑誌Du & Jobbet(あなたと仕事)が500人に調査した所、男女でこんな結果がでました。
 
 女性が男性パートナーに望む職種
 1.大工
 2.エンジニア
 3.庭師
 4.医師
 5.コンピュータースペシャリスト
 6.コック
 7.法学者(裁判官・弁護士・法律研究家etc?)
 8.獣医
 9.会社経営
 10.電気技師

 これって・・・家の中の仕事をチョチョチョイッてやってくれる男性をス人女性は望んでいるのか?(笑)まさにそんな結果!

 対して
 男性が女性パートナーに望む職種
 1.医師
 2.歯科医師
 3.法学者
 4.コンピュータースペシャリスト
 5.看護師
 6.フォトモデル
 7.社長
 8.エコノミスト
 9.教師
 10.庭師

 うーむ、これは男性は女性に稼いで欲しいのか?笑
 たまーにフォトモデルなんてランクインもあって、やっぱりか(苦笑)って感じだけど、まあ、これは何となくわかる。
 
 デートコンサルタントのマリエさんは、この結果は特に驚くべき結果でもないとコメントしている。彼女によると多くの女性は男性的な男性を希望していて、スウェーデンで男性的というのは器用なことだそうで、対して男性は母親的で介護的な女性を望んでいるとのこと。 しかし、彼女によると、パートナーを実際に選ぶ際には、特に職業ってのは重要ではないらしい。ま、そうだよね。
 いくら希望の職種であっても、人間として合わなかったら付き合うことは難しいわけだから、この結果はあくまで希望。
 でもス人女性がそこまでハンディーな男性が好みだったとは知らなかったなぁ。
[PR]
by alltomsverige | 2008-11-27 18:20 | スウェーデン生活

倒産会社増加 Konkurserna ökar

 ウニ社長の信念のもと日夜会社発展のために働く私らだけど、信用情報機関UCの統計によると、スウェーデンの首都・ストックホルムでは10月の会社倒産率は19%アップ、前年の同じ月に比べると53%もアップしているとのこと(2008年11月7日Sydsvenskan新聞)。
 そして今年に入ってからはスウェーデン全体では7%の増加。
 不景気の波がじわじわと、そして確実に押し寄せているわけですが、特にプライベートサービス業、建築業、小売業者そしてホテル、レストランが特にこの影響を受けているらしい。

 しかしこの不景気の波はまだ本番ではないそう。2009年の春になると不景気の津波が襲ってくるらしい。これからが本当の踏ん張りどころなのか?
 そしてさらにはスウェーデンの輸出業にもこの影響が少しずつ出てきているらしい。そんな中、H&MやIKEAよくがんばっているなあと感心。
 うちらもがんばんなくっちゃね。 
 
[PR]
by alltomsverige | 2008-11-27 18:17 | スウェーデン生活

まだ上がるのか、食費? Matpriser stiger fortfarande?

 2008年に入って日本同様、スウェーデンでも食料の値段がドンドン上がっている。
 その値上がりといったら怖いくらい、そしてとどまる所を知らない感。
 
 夏辺りで落ち着いたかに思えたものまで更に値上がり!
 いったいいつこの値上がりブームは続くのか?

 基本的な購入品目はほとんど変わらないし、特に特売がない限りはいつも同じメーカーのものを買っている。
 だからここ数年は同じブランドを同じ店で買っていたわけで、その数字の変わりようには驚くしかない今日。 
 私が夏に書きとめた数字によると・・

 小麦粉 140%増(以下同じ)
 豚挽き肉 25%
 合いびき肉 20%
 牛挽肉  16%
 牛乳 55%
 米 25%
 パスタ 30%
 卵 26%

 油にしては去年の値段に比べると56%も値上がりしているのを先日発見。
 これって夏の段階では30%ぐらいの値上がりだったのに、更に上げてる・・・
 
 ここ数年は一ヶ月の食費を650kr(大人2人)でやってきたのに、今年に入ってからは同じ数字で続けるのは不可能(もちろんレベルを更に下げると可能だけど楽しみが食べることしかないのでこれ以上食費を下げるのは無理。もちろん外食・fika禁止。外に出る時には飲み物と食べ物持参・昼は弁当。)。
 いつもと同じものを同じペースで買っているだけで850krまで上がってしまった。
 650krから850krへの食費アップということは、うちの食費も世間の値上がり率とほぼ同じ30%増になったというわけ(しかし残念ながらウニ社長は給料を30%上げてくれるわけではない)。

 しかし値上がりしているのは人間のご飯だけじゃない。
 冬になるとスウェーデンのアパートや家の窓先や庭に下げる鳥用のえさボールがあるんだけど、その材料も50%値上がりしているらしい。
 ということは鳥ボールの値上げも避けられないとのこと。
 しかし値上げしたからといって、スウェーデン人が鳥用の餌ボールを買うのをやめるか?といったらそうではないらしい。
 
 上がる食費に上がる鳥餌ボール(笑)
 この中でどんどん下がっているガソリンの値段ってなんか不思議。

(でもウワサによると来年は食べ物の値段が下がるというじゃないですか!これに期待しよう!) 
[PR]
by alltomsverige | 2008-11-26 15:13 | スウェーデン生活

マルメ-ストックホルム間 17時間3分 Malmö - Stkhlm 17tim 3min

 マルメ-ストックホルム間、17時間3分(2日かかり)って何の数字かわかりますか?

 2008年11月24日のSydsvenskan新聞によると、1865年にはマルメ、ストック間の旅は2日がかりで17時間3分かかっていたそう。
 それが1985年には6時間41分になり、現在の2008年は4時間18分。
 そして現在計画中の緑の電車・Gröna tågetとやらが走る2015年には、3時間20分までその時間は縮まり、さらに2020年には2時間41分を目標としているらしいです。

 現在、マルメからストックに行こうとすると、行き方は

 ・飛行機  1時間ぐらい
 ・電車(この場合X2000)   4時間ちょい
 ・車   6-7時間ぐらい?
 ・バス?  しらん・・そんな体力はもうないだろう

 がありますが、やっぱり飛行機が一番早い。飛んでる時間は約1時間。
 しかしこの緑の電車は飛行機を抜く!と言ってますからね。すごい自信です。
 確かに飛行機だと、まず空港まで行く必要があり、マルメの空港はやや町から遠い。
 そしてチェックインの時間が必要。搭乗20分(15分)前にはゲートに来てなくちゃならない?などの制限があるけど、電車だと駅は町中だし、とにかく電車の扉が開いているうちに乗ればいいので余計な時間が飛行機に比べるとほとんどない、ということで飛行機をも抜く!というわけでしょうか?
 (確かに今回日本を旅行して新幹線の快適さに改めて気付いた私達。座席広いし、ウロウロできるし;笑)

 個人的には新幹線はぜんぜんokなんだけど、現在走っているスウェーデンで一番速い電車X2000は私はだめ。揺れが・・だめ。何回か乗ったけど、そのたびに気分激悪。じゃなかったら車内激寒;苦笑。
 なのでストック行く時は無理して飛行機の激安チケット探す私です。

 話がそれましたが・・・
 この超特急緑の電車ですが、できあがったら車内はX2000より広く現在の2シート・2シートから、2シート・3シートになりボディーのガラス部分も増えるとな。なんか格好よさそうじゃないですか。
 顔はモグタン(のぞみってモグタン似じゃないっすか?)じゃなくて緑蜂って感じ(いるのか?こういう蜂が?)。
 今のところテスト車では303キロまで出たらしい。でもこれはあくまでテスト。目の前の課題は現在の最高時速200キロを250キロまで上げるところからはじまる緑蜂・・じゃなくて緑の電車。とりあえず今ある線路を走るそうだけど、最終的な2020年の目標に達するまでには更なる改善と線路の作り直しが必要みたい。
 で、スウェーデンらしいなあって思ったのは最後の
 「おくれなければ」って言葉。

 そうなんですよね、いくら速い電車作った所でそれが10分も20分も1時間も遅れちゃ、乗客は不満なわけですよ。今のX2000も遅れずに到着したためしがないという悪評電車。
 この緑の電車もマルメ・ストック間、最短時間を目指すのはいいけど、予定通りに電車を走らせるテクニックから勉強したほうがいいと思う
 そして運行時間だけじゃなく工事の時間も重要。2020年までと決めてはいるけど、もしかしたらこれが2025年になるかもしれないし、2030年になるかもしれない。これは誰にもわからない。
 現に、今、建設中のトンネルHallandsåstunneln、予定より19年ぐらい完成が遅れる予定(?笑)。またBlekingeの鉄道にしても、短い区間に2年もの工事期間が必要なこの国、どちらも遅れないでやってほしい。
 新しい電車に関しての記事でした。

・・
 追記
 後日よしこんさん情報によると、Gröna tågetの映像ではお顔は青色らしい、ってことで映像確認したら、青でした!さて最終的には何色になるんでしょうね。
 Gröna tågetのHPはここ!
[PR]
by alltomsverige | 2008-11-26 13:50 | スウェーデン生活

もう一つの11月30日 Den andra 30 november

 ナショナリストが11月30日に大きな集会をルンド中心部でやろうとしているという記事を数日前に新聞で読んだ。
 そういえば私がルンドに来たばかりの頃、日本人の間で30日の夜は外を出歩かないほうがいいというおふれもでたっけな。結局その日、私は夜のス語の教室に行っていたんだけど、何事にも巻き込まれず帰宅できた。
 こんな出来事もすっかり忘れていた。

 その日、うちのス人は「大丈夫だよぉ~」なんてのんきなこと言ってたけど、この11月30日というのは、1991年までは毎年ナショナリストがルンドの中心を占拠する日でもあったらしく、1991年の11月30日を境にルンド市とルンドの警察などが一丸となって、それ以後のナショナリスト達の集会を防いできたわけ。
 そして17年たった今年、再びナショナリスト達が30日に中心部を乗っ取ろうとする動きが見え始めた。
 
 そして昨日11月25日(火)のSydsvenskan新聞には、今度は対するアンチ国粋主義者達がナショナリスト達の中心部への侵入をブロックする計画をしているとあった。
 その公式な最初の会合が月曜日行われたわけだけど、非公開のものはすでに数回行われているということ。
 
 しかしね、この30日って今年はちょうどSkyltsöndagなわけですよ。
 楽しくクリスマスへのカウントダウンさせてくれないかなぁ。
 一応ここでは外国人なので気にならないというわけでもない。杞憂に過ぎればいいんだけど。
[PR]
by alltomsverige | 2008-11-26 13:17 | スウェーデン生活

Skyltsöndag 2008-11-30

 今年のSkyltsöndagは11月30日です。
 毎年のようにクリスマス関係の市がMårtenstorgetにたち、市内のお店は12時から18時までオープンしています。

 スケジュールをかいつまんでここに書くと

 Stortorgetでは子供のための劇が行われたり(11時30分)、ルシア候補者のお披露目(15時)などなど。
 Bantorgetでは、ここでもルシア候補者お披露目(13時40分)、Bantorget点灯式(16時)などなど。
 Mårtenstorgetでは12時から21時まで遊園地とクリスマスマーケット。
 大学のAFビル前の木は15時45分に点灯され来年まで暗いルンダゴードを照らします。
 Kulturenでは11時から17時までクリスマス関係のイベントが行われるということです。
 Hemgården(Kiliansgatan11)では12時から16時までクリスマスマーケット。

 この日も一日中ルンド市内で楽しめそうですね。
 
[PR]
by alltomsverige | 2008-11-22 21:42 | スウェーデン生活

子供好きな食べ物トップ10 Barnens 10 i topp

 Coopのカレンダー11月の情報によると(Coopスーパーが無料でくれるカレンダーでいつも利用させてもらっている私)、子供の好きな食べ物トップ10は・・・

 1.スパゲッティーミートソース
 2.タコス
 3.鶏肉とご飯
 4.パンケーキとジャム
 5.ラザニア
 6.ソーセージとマカロニ
 7.ピザ
 8.ミートボールとマッシュドポテト
 9.ソーセージストロガノフ
 10.ブラッドプリン、リンゴンソース添え

 今の日本の子供のトップ10ってどんなもんでしょうね?
 私が子供の頃は、まず1位はカレーかな?それからステーキとか(食べたことないくせにランクインはさせる私)。あとはドリアとか、もちろんミートソーススパゲッティは好きでした。
 やっぱりこってりしたのが好きだったな。
 多分最近の子供って寿司とか言ってんだろうな。。

・・・・

Barnens favoriter - 10 i topp

1. Spagetti med köttfärssås
2. Tacos
3. Kyckling med ris
4. Pannkakor med sylt
5. Lasagne
6. Korv och makaroner
7. Pizza
8. Köttbullar och potatismos
9. Korv Stroganoff
10. Blodpudding med lingonsylt

( Coopのカレンダーでは全てのメニューを見ることができなかったのでネットで結果を調べたら若干カレンダーのリストと違うものが書かれていた;汗。上記ス語はここより。 )

 (日本語訳は私ですが、正確に訳せないものもありますが、その辺は「こんな感じ」ということで。例えばSyltなんてジャムと訳していますが、ジャムみたいなもの。。スにはジャムみたいなものでも内容の形によってSyltやmarmeladやgeléやら色々ありますから。)
[PR]
by alltomsverige | 2008-11-22 21:18 | スウェーデン生活

ルンドのクリスマスマーケット Julmarknad i Lund

 2008年11月4日のSydsvenskan新聞によると、今年のルンドのクリスマスマーケットは一味違ったものとなりそうです。
 いつも「本物のクリスマスマーケット」を体験しにドイツなどに行っている人も、今年は十分にルンドで楽しんでもらうことができるということ。うう~。期待できそう!

 12月9~14日の間(毎日13時から20時まで)、ルンド大聖堂周辺に250もの店がたつそうで、それらは遠くはスペイン、フランス、ベルギー、オランダ、ポーランドそしてイギリスからやってくるそう。 
 いつもはここではクリスマスツリー売りしか見かけないので、今年は賑やかになりそうですね。

 そしていつもは忘れられているClemenstorgetもクリスマスのオーナメントで飾られ、Lilla fiskaregatanも特別なライトやオリジナルの花壇でクリスマスマーケットを盛り上げるということ。
 ここ数年楽しませてくれているルンドアート・デザイン学校の作品も登場するそうですが、何が出るかは秘密だそうです。
 暗い12月、これで乗り切れたらいいですね。
 (私の問題は大聖堂やLilla fiskaregatanまで行く余裕があるかどうかだな)
[PR]
by alltomsverige | 2008-11-22 21:02 | スウェーデン生活

ブログの時間 Tid för blog

 ブログを放置して2ヶ月弱(汗)
 10月は中旬から下旬にかけて日本。
 帰ってきてもすぐに仕事再開。今回はまじで時差ぼけに甘える時間もなかった。
 (反対に上手く活用できてよかったけど)

 11月も終わりに近づきやっとまとまった時間が取れ、自分のブログにやっと入りこめる。
 写真もいつも撮りっぱなし、それをブログ用に加工するにはまとまった時間が必要で、今までなかなか時間がとれず、やっと今日アップできた。
 時間が取れた+うちの部長(うちのス人)がいないというのが大きな理由か?(笑)

 例えば今日なんかはブログ作業を始めて、晩御飯の時間をはさみ、すでに5時間はたっている。他の人はどうかは知らないけど、ブログやHPの作業って意外と時間がかかる。

 10月の日本行きで仕事がたまってて、それを全て処理することなしには休日もないという状態。
 いや、正確に言うと週末はやってくるんだけど、部長(うちのス人)に「そういえば、あれ、やった?」といわれるとそれを無視してはブログ作業に数時間つぎ込めないわけで、リストに載っている今やるべきことがなくなった瞬間が、今日の夕方だった、というわけ。
 (そして社長(ウニ)からは夜になると骨ガムをくれとせがまれる私)

 また明日になったら「やらなくちゃいけないこと」が出てくるかもしれないから(日曜日だけど)今は久しぶりの自由時間、ブログの時間を大切にしよう。
 
 ・・・

 そしてこの大切な時間を大事に使うため、犬らを静かにさせようという理由で骨ガムを与えてしまう私は、いい飼い主とはいえないなー。いや、たまには骨ガムも利用しなきゃな。

 ・・・

 しかしこの後すぐに犬らの「攻撃」がはじまった。

 まずウニの「アカミが私の骨ガムとったの~」攻撃。→公平さを保つために階段下に隠されているアカミの骨ガムをウニに渡す。→解決

 アカミの「暇だ暇だ~シッポ追いかけてやる」攻撃。→ほおって置く。

 ウニの「アカミが私の骨ガムをとろうとするの!」攻撃。→ほおって置いたら骨ガムくわえて私の机に乗ってくる。おいおい机にのるなって!→骨ガムをソファーに数回投げるけど、あきらめずに私の膝、そして机に乗ってくるウニ。
 そうこうしているうちに骨ガムを落とすウニ→すぐにアカミが取りに来る。→にらみ合い→結局アカミが奪い取る。→ウニが「アカミが私の骨とった」訴え攻撃。まるでスコーネ(骨ガム)をめぐるデンマーク(アカミ?)とスウェーデン(ウニ?)の戦い→面倒くさいのでほおって置く。

 ・・・・と5時間は静かにしてくれ&骨ガムでうまくいってたけど、やっぱりそううまくいくわけではなかった。
[PR]
by alltomsverige | 2008-11-22 20:47 | スウェーデン生活
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧