Allt om Sverige - Mini!


スウェーデン・ルンドよりミカ工場長がお届けするスウェーデン情報
by alltomsverige
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2006年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Två nya gratis tidningar 新たな無料新聞2種

 今まで何度か(blogかHPで)無料新聞については書いてきましたが、最近種類が増えて、今現在ルンドには3種類の日刊無料新聞があります。

 日刊以外だとルンドローカル新聞やルンドライフなどの定期的に郵便受けに入ってくる新聞があります。
 
 今まで主流だったMetroに加え、新たに加わったのはCITYと.seです。
 この二種、実は非常に私のスタイルに合っていて、Metro以上に目を通しているかも。

 その最大の理由は、朝、お兄さんやお姉さんが配ってくれる(笑)
 MetroはMetro専用のボックスに入っていて、そこまで取りに行かないといけないけど(といってもルンドの町中だけでもいたるところにおいてあるので数が少ないというわけではない)、ルンドの自転車隊の私は毎朝1分1秒を競い合っているわけですよ。
 そんな自転車爆走中、いちいちよっこいしょと自転車を止めてボックスの中から新聞を取る余裕はゼロ
 
 しかし今のところ(キャンペーン中か?それとも永遠にこのスタイルを続けるのか?・・ま、そんなわけないか)CITYと.seはお兄さんお姉さんが寒い中一部ずつ手渡ししてくれるんですね(もちろん設置してあるものもある)。ありがたいことに私のような自転車隊にも手渡してくれるんです。近寄ってきてくれて絶妙のタイミングでさっと渡してくれるので、坂道でヒーヒーいっている最中でも手をだせば渡してくれる、これが私がCITYと.seをMetroより多く活用している最大の理由です。

 まだ内容量は大御所Metroが一番豊富で読み応えはあるけど、新たに参入した2種類それぞれの個性を生かしてがんばってほしいものです。

e0079166_22304728.jpg

(.seはサイズ若干小さめ、しかも薄い。CITYはMetroと同じサイズ、厚さはまだMetroには負ける)
[PR]
by alltomsverige | 2006-12-26 22:32 | スウェーデン生活

Kris på Annandag jul クリスマス明けの危機

 今日12月26日はAnnandag julといいます。
 Wikiによるとスウェーデンではクリスマスと同じく休みの日と書いてありますが、この日からクリスマス明けのセールをはじめる店も少なくはありません。

 セール品より何より、恐れていたことが判明。
 ウニのご飯と私のGlöggがない!
 先ほどセール品ひかやしついでに国営酒屋とペットショップをまわったけど、どちらも閉まっている。
 明日まで待たなくてはならないのかー。

 それほどセールとは関係ない国営酒屋とペットショップは今日はお休みなので開けてもしょうがないというわけか。
 ウニ茶碗にいれているご飯を食べ切ってもっと食べたそうだったら煮干でも食べててもらおう・・・。しかし私のGlöggは・・・明日まで待つしかないか。

 しかしルンドの店はセール品を求めてやってきた人でごった返していました。
 若い子が群がる洋服やなんて入ってそのまま出てきたくらい(笑)息ができません。
 
 50%引きなんて開店直後に行かないと通常のサイズはすぐになくなってしまうから。
 ルンド人だけでなくて、郊外からルンドに到着するバスからも続々と若い女の子達が降りていて、セールの熱気が伝わってきます。
 
 これから1ヶ月くらいセールは続きます。
 終わり頃に福を見つけに行こうかな?

e0079166_2212354.jpg

 (Glöggがないからといって、ひっくり返すちゃぶ台もないしなぁ・・・)
[PR]
by alltomsverige | 2006-12-26 22:13 | スウェーデン生活

Julafton クリスマスイブ

 とうとうこの日を迎えました。皆さんのクリスマスはいかがですか?
 よいこの皆さん、プレゼントは明日の朝までまってくださいね。

 というわけで本日もルンドから発信中!

 実は今年はルンドに残っています。ひーとーりーで~(苦笑)
 <あー!!今、隣のピアノ演奏が始まった!!!クリスマスリサイタルかっ!>

 正確に言うと私とウニが残ってます。うちのス人は昨日実家に帰っていきました。
 私がここに残っている理由は、表向きの理由はウニが発情期だから。
 実家にはドーベルマンのカスカがいて(昔はルンド在住だったけど実家に引越しした)クリスマス休暇中、ウニとカスカを会わせないというのは不可能なんですね。しかも相手は飼い主がトイレに入っただけで絶望のふちに立ってしまいまるでヒヨコちゃんのような鳴き声で何時間もピーピーいい続けることができるほどの弱虫やろーですが、間違ってもドーベルマンですから。
 その本能にとらわれてしまったらもしかしたら人間が抑えることは不可能かもしれない。
 
 しかもうちのス人、ウニが子犬を持つことには(今のところ)断固として反対。娘を持つ男親の気持ちを毎日せつせつと語るそんな親ばかですし、私も100歩譲ってもジャックドーベルなんて欲しくない!
 (世の中のジャックドーベル飼い主の方、ジャックドーベルの存在をとやかく言っているのではなくて、私のこのみの問題です)
 
 というわけで私とウニがルンドに残ることになった。

 裏の理由は(笑)、私が・・・・ただたんに休みが欲しい・・だけっす;笑。
 でもスウェーデンにいる限り、実家のクリスマスパーティーに参加しないというのは非国民に値する行動ですから、認められるわけないんですよ。いかなる理由も。
 
 休みが欲しいといっても、3つも4つも仕事を掛け持ちしている身、まだ何本もやるべきことが残っているわけで、それらを片付けなくてはならないわけで、クリスマス休暇で実家に行ってもいいけど、そこで5日とかロスをしたくないわけで・・・
 今回はウニさまさま☆でルンドに留まらせてもらいました。

 あともう一つの理由は、1ヶ月半前に入られた空き巣。
 クリスマスといったらスウェーデン中のアパートの住人が実家に帰るわけで、泥棒さんにとっては稼ぎ時なわけで、そういう時に「はいどうぞ」といって家をあけられないんですね。
 1ヶ月半前のことなのに、まだこわいですよ。
 ウニの散歩中なんて常に泥棒が家の中を荒らしている姿が浮かんできて気が気ではない。
 こんな状態で5日も家をまるまるあけるのは、拷問です。クリスマスなんて楽しめるわけがない。
 でもこんなこといっても実家のみんなが理解してくれるわけはないので、この理由は言ってません。

 毎年クリスマス明けは必ず太って帰ってきていたけど、今年はそれも免れて非常に気楽なクリスマスを過ごしています。
 (隣の騒音アタック以外は・・・)

 ではみなさんもよいクリスマスを!
 God Jul!

e0079166_22145957.jpg

(こういう可愛いことやっても郵便料金ドンドン上げるのは許せん・・郵便局)
[PR]
by alltomsverige | 2006-12-24 22:38 | スウェーデン生活

Mystiska grannen 謎のお隣

 というわけで、不安も的中(というか日常なんですが)してお隣は私が布団にもぐりこんだ後、いつものようにハムスターのようにパタパタと夜中走り回ってくれて、予想通り寝不足のふらふらの頭のまま、まだ夜中のように暗い朝6時に無理やり起きて今年最後の重要な日を迎えたわけです。
 あいつら午前1時までバタバタやってたくせに、すでに午前7時からうるさい。
 替え玉?
 
 私には残念なことに替え玉がないので、一人で応戦していくしかなさそうです。

 それにしても暗い。やっぱり一年で一番昼間が短いだけあって、かろうじて9時-3時ですね。薄暗いのは;笑。北に行くともっとひどいけど、最南端のルンドでさえこれですからね。
 
 こんなに暗いのに町はクリスマスプレゼントを買う人達ですごい活気。
 クリスマスですねぇ。(←もうすぐ終わるかと思うとこの余裕)
[PR]
by alltomsverige | 2006-12-22 21:52 | スウェーデン生活

Vår granne 隣は何をする人ぞ

 クリスマスまであっという間に1週間を切ってしまいましたね。
 ここは上手く切り返しを使って、すでに気分は春!とまでは行きませんが、とにかくここまで無意識のまま来て(気づいたらクリスマスだったって状態)今年はある意味よかったのかもなんて感じている年末です。

 クリスマス、ということはお休みなわけで、お休みといえば・・・・

 隣の子供(ガキもしくはアホと読む)らが帰ってくる季節じゃないですか!

 ・・・・というわけで早速ピアノの洗礼を受けております。

 しあさっては朝8時から頭をフル回転させなくちゃならないので、くれぐれも木曜日の夜中、いや金曜の深夜・早朝にピアノアタックを受けないようにしたいのですが、こればかりは彼らが注意することであって、私にできることといったら祈ることか、もしくは目覚ましが聞こえることを祈りつつ耳栓をして眠るか、そのくらいしか思いつかないわけです。

 そうでなくても家の中で机に向かってやる仕事が多いのでできれば24時間ノンストップピアノはやめて欲しい・・・・。

 ああ、休み・・・・嫌い・・・・
[PR]
by alltomsverige | 2006-12-20 06:47 | スウェーデン生活

Juldoften i stan 町中クリスマスの香り

 暗いです。暗いですよー、スウェーデン。
 今週末ぐらいが一年で一番日中の時間が短い日ですからね。気づくと夜。

e0079166_3591064.jpg

 
 でも今週末がクリスマスなんて信じられないんですが(今日も友人と「まだ9月の感覚なんだけど」と話していたところ)、今日、いつものように自転車を走らせていると、なにやらジンジャークッキーのにほい~。
 どこで焼いているんだろう。

 そして帰り、暗いルンドの町を、窓辺に飾られたクリスマスランプの光に慰められながら自転車を走らせている時、どこからかルセカットのにほい~。

 とりあえず嗅覚だけはクリスマス気分で盛り上がっています。

e0079166_3592857.jpg

[PR]
by alltomsverige | 2006-12-19 03:59 | スウェーデン生活

Passar eller inte 物事との相性

 終わらんです・・・・やらなくてはいけないことが、なっかなか終わらないことってありますよね。
 
 今日は、というより昨日からずーっとパソコンの前に座っているのに(いや、座っているだけじゃなくて作業もしていますが)、やってしまわなくちゃいけないことが終わらない!!!
 確か、私の記憶が定かなら、午後3時過ぎには机に向かったはず。
 
 現在午前1時。
 
 一体何時間パソコンの前に座ればいいのか。そしてパソコンをにらみ続ければいいのか。

 そこで考えた。

 仕事としては大体同じような方向性のものなのに、あっという間に終わってしまうものと、今日みたいに何時間かかんのかわからないようなものまである。
 これって相性だなとふと思った。
 
 相性さえよければやっている時間すら感じない。あっという間に出来上がってしまう。
 なのに嫌いなわけではないのに進まない。やっぱり相性が悪いのか、この分野には私は向いてないのか。
 
 理想と現実ってこんなところなんだろうな、と思う。
 どんなにやりたいことでも、どこかが合わないものってある。
 特に考えてないものでも、なんとなく調子があって簡単にできてしまうものがある。

 その時ふと思う。
 私がやらなくてはならないのは、数時間かかってもちっとも進まないこれではなくて、あっという間にできてしまうあれなのかもしれない・・って。

 これって人間関係とも似ているのかもしれないな。
 どんなに求めても縁がない人はない。
 しかしいつかふっと横にいる人に気づく。


 ・・・

 こんなこと考えているから進まんのじゃー!!!!(怒)>私。
e0079166_905682.jpg

(あまり求め続けばかりいると気づいた時にはおばあさんにっちゃうわよ>ウニ)
[PR]
by alltomsverige | 2006-12-18 09:02 | 思うこと

Lucia, glögg och regn ルシアとグロッグと雨

 今年の11月12月は非常に多忙な月で、13日の朝、起き掛けにつけたテレビでやっと今日がルシア祭だと気づいたくらい。
 もちろんルセカットなんて作る気配もないってわけですよ。
 (毎年きちんと焼いているのに~!!そして今ごろ毎朝ルセカット食べているのに~!!)

e0079166_9421615.jpg

(サフラン入りのパンです。この時期になると食べたくなるパン。)

 ルシアってなんだ?という方、下のリンクを参考にしてください。飛んだページはス語ですが、写真だけでも楽しめます。一番最初に出てくるおねーちゃんが、まさにルシアのメイン。(あ、間違ってますかね、この表現)
 だってどこの町でもルシアコンテストなるものがあるんですよ。上限が決まっているらしいので、私はどうころんでもルシアにはなれませんが;苦笑。

http://www.sweden.se/templates/cs/CommonPage____12337.aspx

 ス語のページの写真を眺めたあとに、上にあるenglishをおしてもらうと今度は英語の説明に飛びますがそこには何と日本人の人のルシアものってますよ!すごいなー。

http://en.wikipedia.org/wiki/St._Lucia_Day

 ここにもルシア祭の説明が載ってます。みんながんばって読んでね!

 そして次に挙げるは glögg ですが、これは数個下のネタの中にもあるように、スパイス入りのホットワインです。赤と白どちらともありますが、赤が一般的かな?でもここ数年私は白もかなり飲んでます。
 裏技ですが、スウェーデンでは酒は全て専売制で国が管理している店でしかかえず、しかもグロッグの時期が終わってもなぜか安売りしない。けち。
 しかしスーパーでは3.5%以下のお酒は売ってもいいので、ジュースグロッグは売っているんですね。あ、同じグロッグだけどアルコール度数がかなり低いやつ。
 それだとシーズンが終わるとめちゃ安売りするんですよ。1本10krとか。
 そういうときに買い込んでおいて、次の年には自分でこっそりと(いや、どうどうとやってよ!)ラムを混ぜたり、ウォッカを混ぜたり、コニャック混ぜたりして、普通の国営酒屋(普通って表現どうよ?)で売っている10%もしくは12%のグロッグにして飲んでいるわけです。
 その際、混ぜるウォッカやラムは国営酒屋で買うと、前の年にふっふっふと激安ジュースグロッグを買い込む意味がないほど高いので、全てドイツへ酒買出しに行ったときに買ってきたものです。じゃないと、普通のアルコールグロッグを国営酒屋で買ったほうがいいくらいです。
 ま、いかに安くて美味しいグロッグを飲むかの裏技でしたが、こんなん参考にする人・・・いないだろうなぁ~(ひゅるり~)。

e0079166_9442876.jpg

(04年のグロッグ。個人的にやっぱりBLOSSAのグロッグが一番美味しいと思う。)

 というわけで、最後は雨ですが、ほんと、私は気合の入った自転車隊で有名ですが(移動は全て自転車。自転車で行けないところには、行かない。-Mika Koujoucho)今年は雨が多くて「濡れ自転車隊」っす。マジで大変です。
 みなさんご存知のようにルンド人を含むヨーロッパの人はそんじょそこらの雨じゃ傘なんてささないけど、最近は結構さしているんですよねー。さしている率が高い。
 それだけ毎日降っていて、傘もささずに歩いていると上から下までしっとりと濡れるはいいけど、それが乾く暇もないくらい、毎日雨が降っているというわけです。

 HPの掲示板にも書いたけど、今年はジンジャークッキーの家にカビ警報が出ているくらいですから。このカビしらずのスウェーデンに!!!
 ルンドがアジア並の気候になるのも時間の問題ですね。
[PR]
by alltomsverige | 2006-12-13 09:22 | スウェーデン生活

Prata svenska med japaner 日本人とスウェーデン語を話す

 最近、ああ、やっぱりそうか、と感じたこと。

 ここ1ヶ月ほどとある仕事をしていました。
 (これ以外にも小さな仕事は色々やっているんですが)
 そこには日本人の人もいて、その方とは普段は日本語で会話していました。
 でもそこにいるスタッフはみなスウェーデン人だから、みんなで話している時はもちろんその方ともスウェーデン語で話すわけですが・・・・・

 難しい!!

 なんというか・・・むずむずしてだめなんです。考えているわけではないけど、非常に難しい。何が難しいというのは話している最中はわからなかったけど、あとで考えてみるとテレのような、はたまた申し訳ない気分のような。話している最中、右手と右足を同時に出しているようなぎこちなさを感じ、顔も引きつっていたかもしれません。

 そして帰って気づいた。

 その方は私より年齢も地位も上の方で、いわゆる目上の人なんですね。
 そういう人には敬語を使うというのが普通じゃないですか。あ、私にとっては普通なんですね。
 とにかく先輩には敬語。そういう時代を生きてきましたので(苦笑)こればかりは自動なんです。オートマティックなんです。目上の人に対して敬語を使うな!といわれると、手を後ろでしばられたイタリア人のように発言できなくなってしまいます。

 そうだったんですねー。ここにあったんです。

 その方とは日本語ではもちろん私は敬語を使っているわけですが、ス語に切り替わったとたんに、ためぐち!
 これは私の頭が動揺して当然ですね。だから難しかったんだー。あいやー(中国人風)。

 これは特にス語に限定してのことではなくて、敬語のことをあまり考えなくてもいい言葉では起こってしまう現象でしょうね(英語のことはあまりよくわからないのでここではス語のみについて書きますが)。
 
 教授にも爺さんに対しても「ボッセ!」とか「アニタ!」など呼び捨てですから、スウェーデン。
 これに慣れるのに1年かかった私ですから、日本人の目上の人に対等なス語を気兼ねなく使うことができるようになるのは何年かかるのか???

 補足;
 ルンドでは日本人と会うことはそれほど珍しいことではなく、学校などの授業でも日本人と机を並べることはあるわけですが、そういう場合は、例えばこの人が私より年上であったとしても、シチュエーションがすでにクラスメイトなわけですから、それほど気にせずにス語で会話することができます。もちろん日本語になると敬語に切り替わる私ですが。
[PR]
by alltomsverige | 2006-12-08 21:44 | スウェーデン生活
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧