Allt om Sverige - Mini!


スウェーデン・ルンドよりミカ工場長がお届けするスウェーデン情報
by alltomsverige
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:ウニ ジャックラッセル( 103 )

Grattis på födelsedagen, Uni! お誕生日おめでとう、ウニ!

e0079166_21563980.jpg

 今日で3歳になりました。

 今までお祝いなんてしたことなかったけど、今年は何となく。
 夜、晩御飯を食べた後、ふいに思い立って作ったウニの誕生日ケーキ。砂糖やバターは不使用のほうれん草マフィン。お誕生日ケーキに立てられるような細いキャンドルがなかったのでアドヴェントに使う、うちにあった一番細いキャンドルを立ててお祝い。

 別にウニのマフィンを作っているなんて一言も言ってないのに、私がウニのために台所にたっていると物陰からこちらを伺うウニ。
 ・・・感じているのか?自分のためにマフィンが作られているってことを。

 誕生日の歌を歌って、ウニとアカミにそれぞれ1個ずつマフィンをあげました。
 
 数十秒で完食。
 
 おめでとう、ウニ。これからも元気に過ごせるといいね。
[PR]
by alltomsverige | 2007-12-03 21:54 | ウニ ジャックラッセル

Unis trauma ウニのトラウマ

 約1ヶ月前にドッグランでアムスタッフのルーに襲われたウニだけど、心配されていた他の犬との接触を恐れてしまうんじゃないかというトラウマにもならずここ1ヶ月元気に回復してきた。

 この1ヶ月、2回ほど散歩の途中にルーに会った。ルーを見かけたといったほうが適切か?両方ともルーは道の反対側を人と一緒に歩いていた。それを見つけた私とウニは固まる。
 ウニは本当に固まってルーから目をそらそうとしない。ウニに気付いたルーはルーで、ウニから目を離さない。ここで不気味なのはウニは明らかにルーを恐れているのに、ルーは、まるでサイコ映画の主人公のように不気味な笑みさえ浮かべながら、何とその辺に落ちている木の枝を拾い上げて可愛く遊ぶ仕草までしてみせている。その姿はまるで一緒に遊ぼうと誘っている普通の犬。

 仮にもウニを殺そうとした犬がウニの目の前ではしゃいで見せる。この背筋が寒くなるような光景を私もウニも忘れることが出来ない。

 ルー、あきらかにどこかがおかしい。

 最近は夜の最後の散歩時にドッグランに行くことが多い。その時間帯だとあまり他の犬がいないのでウニとアカミは2匹で存分に遊ぶことができるし、数ヶ月前だったら遊びに発展しなかった2匹の仲も最近は2匹間に何が起こったのかと不思議になるほど親密。他の犬がいても2匹で遊ぶという徹底ぶり。

 ドッグランまでの道のりを若干嫌がるウニだけど、「ルーはいないから」と適当な未確認情報を言って飼い犬をなだめる私に引きずられランにやってくると元気に走り回る。
 しかしこの日は違った。土曜日午後なのでどうかなぁ・・と思いつつランに向かうと、遊んでいる4-5匹の犬の中にルーを発見。
 するとランまでまだ数十メートルあるというのに、ウニは固まっている。私ですら確認が難しいのに、ウニはランにルーがいることを知っている。あの現場に殺人鬼が舞い戻ってきた映像がウニの頭にはあるのだろうか。
 
 もちろんルーがいるので私もランに行くつもりはない。しかしランにいるルーの飼い主と話をしているうちのス人を待たなくちゃならない。
 ウニが尋常ではなくなる。パニックになりはじめている。この数十メートル離れた場で待っていることすら今のウニには難しいようだ。
 とにかく家に戻ろうと必死なウニ。
 
 話を終えたス人が戻ってきたのでそのまま公園に行くことに。
 被害者の傷って簡単に癒えることってない。表面的な傷はもうわからないほどにきれいになったけど、心はまだ・・もしかしたら一生治らないかもしれない。
[PR]
by alltomsverige | 2007-11-24 22:11 | ウニ ジャックラッセル

Boxare, Uni? ボクサー、ウニ?

 抜糸の日。傷の経過も問題なく、予定通り抜糸できたウニ。カラーはもうすこし待ってとのこと。
e0079166_23202548.jpg

 若干左目辺りが腫れているようにも見える。まるでボクサーみたいなウニ。
e0079166_2321553.jpg

 いつものこのおねーさん座りも健在。

 カラーのせいで走り回ることができず、かなりイライラたまっている様子。
[PR]
by alltomsverige | 2007-10-31 16:17 | ウニ ジャックラッセル

Dagen efter 1日たって

 昨夜はウニのことが気になってすんなり寝付けなかったけど、一応カラーもとらずに寝てくれた様子。もちろん腕の包帯は見事に取られていたけど。

 アカミとウニを一緒の部屋に寝せるのは無理なので(アカミがウニのカラーにちょっかいだすかもしれないから)、ウニは仕事部屋のソファーで寝てもらう。
 
 獣医さんからは腫れるからといわれたこめかみ部分も、見た目にはさほど腫れておらずちょっと気が楽に。このままさっさとカラーもとって治ってほしい。
 怪我がどうこうより、ウニにとってはこのカラーが忌々しい存在のようで、移動やジャンプのたびにどこかに当たる。そうするとフリーズしてしまうウニ。
 しばらくソファーへのジャンプ時も計算し間違えてカラーの下部分がソファーに当たって登れないことがあったけど、今は大丈夫みたい。
 それにしても不憫でしょうがない。
(オペ後の傷跡の写真などが苦手な方は注意してください。-記事下-)

・・・・・・・・

 昨日のドッグランでの出来事を考えてみた。
 もちろん不仲だったのに犬をいれてしまったのは悪かった。
 しかしルーがアタックしたのはウニがドッグラン内に入って、入り口付近でおしっこをしていたその瞬間で、はて、ウニはアタックしたのがルーだったか知っているのかどうかも怪しい、そんな一瞬の出来事だった。

 あってその瞬間からワーっと遊び始める犬友もいれば、同じ年齢や大きさの子になるとどっちが上なのかをはっきりさせないと、あやふやな状態のままでは気分もあやふやな子もいる。
 ウニも順位争いを全くしない犬ではないけど、やったとしてもルールに則って、相手が強いなら腹を見せて従うわけだし、自分のほうが強いからといって相手に傷をつけることは全くない。
 もともと順位付けの争いは順位を決めるものであって、殺しあうものではないのだから、犬達は人間よりその辺は十分承知していて、噛んだように見えていても絶対に血が流れることはないわけだ。
 
 しかし今回はまず、けんかにすら至っておらず、まったくの奇襲。
 しかももともとルーの方が体も大きく力も強いので、ウニのほうから仕掛けたことはなく、ウニは圧倒的に自分より強い犬がちょっかい出す時は絶対に逆らわない。ルーが前々から激しくちょっかい出していた時も、ただ耳を後ろにぎゅっと倒して目をそらして小さくなるだけだった。
 今回はその隙もあたえずにルーはウニに噛み付いたわけだ。

 今までドッグランに毎日のように通って、色んな犬達のけんかを見てきたけど、血を見たのは今回が初めて。
 ルーは、他の犬との社交的能力が若干足りない犬なのかもしれない。
 そういう犬に会った時は、改善の努力は無力だということがわかった。

e0079166_20182895.jpg

 幸い腫れもなく、大きい妹からもちょっかい出されずに静かにしているウニ。
 さすがに昨日のことだけに、まだ疲れが取れてない様子。確かに疲れるよね。
[PR]
by alltomsverige | 2007-10-28 12:20 | ウニ ジャックラッセル

Efter operationen ウニ・オペ後

 1時間早く携帯がなった。
 通常2時間で麻酔が覚めるところ、ウニは1時間で目を覚ましたらしい。

 すぐに引き取りに行く。
 身体を丸くし、シッポをブンブン降って近寄ってくるウニはまるでヨーロッパの貴族のような襟つきだった。
 
 毛をそって縫うだけの予定だったこめかみは予想より結構深く噛まれていて、内部までバクテリアが侵入している恐れがあるとのこと。
 その内部に入り込んでいるバクテリアを外に出すために穴が作ったとの説明だった。

 その穴から穴へ黄色いものが通されており、それをはずすのは来週の水曜日。
 それまでのカラー生活。アカミの攻撃に耐えられるかどうか心配だったけど、家に帰るとお互いにお互いのことがすぐにわかるらしく、ウニは怪我人らしく振舞い、そしてアカミはいつもなら首根っこにくらいついてお姉ちゃんを追い掛け回すのに、今日ばかりは怪我をなめようと静かに近寄るくらいだったとはス人談(私は遅れて家に入ったため)。
e0079166_322512.jpg

 顔だけかと思っていたらどうも腕も噛まれていたらしく、小さな腕に巻かれた包帯が痛々しい。

 この後、すぐに麻酔の余韻が襲ってきたのか、しばらく横になることなく座った状態のままフラフラフラフラしていたが、その後うちのス人のひざの上で骨ガムを食べるまで回復。
 ご飯はすぐには食べさせないようにといわれたけど、2時間後の骨ガムは大丈夫かな。

 早く良くなって欲しい。

 そして今日のお会計、しめて5200kr(約96000円)なり。
 保険から一部でるのはいいとして、後はさて、どうするかな。。
[PR]
by alltomsverige | 2007-10-27 20:15 | ウニ ジャックラッセル

Operationen pågår ウニ、オペ中

 午後4時過ぎ、一日がかりの所用から帰って来た私はちょうどドッグランに出かけるうちのス人、ウニ、アカミと遭遇した。
 荷物を置いてすぐにみんなでドッグランに向かった。

 するとそこには宿敵がいた。American Staffordshire Terrierと何かのハーフのルー(メス)。宿敵というか、ルーはどうもウニのことが嫌いらしくて、いつもウニを攻撃するので最近はルーがいる時にはウニはドッグランに行かないし、ウニがいる時にはルーはドッグランにはこないという図式がなりたっていた。
 けどずっと仲が悪いわけじゃないかもしれないので(今となってはバカな試みだったわけだけど)今日は一緒のドッグランを試してみようとウニを入れた。

 そうしたらルー、ただちにウニのところへ猛スピードで駆け寄り、首根っこにガブリ(と見えた)。
 どうしてそこまでウニのことを嫌うのかは知らないけど、とにかく一目散に駆け寄り噛み付いた。
 ウニ、どんなに痛い目にあっても叫び声をあげたことがないんですが、今日ばかりは痛かったらしい。ギャインギャインという叫び声が二匹から聞こえてくる。噛まれているのはウニなのでこれはウニの叫び声というのは確か。
 そこらじゅうにいた飼い主達が2匹を引き離そうとするが、一度噛み付いたルーはウニをなかなか離さない。
 その光景はまだ私の頭にこびりついていて、このままルーが一生ウニを放さないかのような錯覚に陥った。
 が、どうにかしてルーからウニを取り外した。

 ウニは目の横を負傷。
 でも体全体としてのダメージは受けてないよう。
 
 すぐにドッグランを抜け出し、病院に急いだ。
 今日は土曜日、閉まっているので急患ってことになる。けど開けてくれればそれだけでもいいという願いで病院まで到着。
 
 急患待機をしている看護婦さんを呼び出し、すぐにお医者さんを呼んでもらい、見た目はたいしたことなく、車に乗れたことを素直に楽しんでいるウニは一応のため手術。といっても縫うだけなんだそうだけど。

 あと1時間ほどでお迎えに行く時間。

 うちのス人の血だらけになった上着が洗濯し終わったらウニを迎えに行く時間だ。
[PR]
by alltomsverige | 2007-10-27 17:30 | ウニ ジャックラッセル

Varm och god! 暖かくて気持ちいい!

 この季節、うちにはコタツがないので、ウニがコタツ代わりになります。私がソファーに座るときはかならずウニがひざの上に座って飼い主様のひざを温めます。
 これはお膝犬の大事な役目。

 この日、翌日の視察の資料に目を通していた時、ちょっとトイレに行くのに、ウニをよけたら・・
e0079166_21193635.jpg

 トイレから帰ってきてもそのままの格好で寝ていました。
e0079166_2120447.jpg

 ピクリともしません。本物の犬でしょうか?
e0079166_21203766.jpg

 毛布に包まって暖かそうに寝ているこの犬は、あの勇猛果敢なジャックラッセルテリアなんでしょうか?なんて言ってたらうざそうに目を開けました。
e0079166_21213714.jpg

 でもやっぱり暖かい毛布にくるまれている時の眠気には勝てないようです。
[PR]
by alltomsverige | 2007-10-03 21:15 | ウニ ジャックラッセル

オブザバ公園にて Gamla observatoriet

 うちの近くにはルンド市立公園がありますが、そこに旧天文台がある一画があります。
 うちらは簡単にオブザバと呼んでますが、ルンド大学の天文学部はここにあったそうです。

 近いのでよくそこに行くんですが、そこに行くと、ウニは必ず
e0079166_20293484.jpg

 「リスはそこか!」
 と、リス探しに忙しい。リスリスリスって・・・ちゃんとやるべきこと(トイレ)やってから遊んでくださいよ。
e0079166_20305256.jpg

 すこしでも物音がしようものなら、
 「リスはそこか!・・それとも鳥か!」
 って何かの訓練のようです。リスリスリスってうざい。しかもめぼしい木の周りは何周もしないと気がすまないし、その上、登ろうとするし。
e0079166_20322295.jpg

 この時期、リンゴの木には実がたわわに・・。なっている実を堂々と取れない所が辛い。
[PR]
by alltomsverige | 2007-09-24 20:26 | ウニ ジャックラッセル

Uni och tuggben ウニと骨ガム

 アカミの家具への噛み噛みアタックを減らすには、何か噛んで楽しいものを!と思い、大きめの輪の骨ガムを買ってきました。1個20kr、結構高い・・・がこれで家具への攻撃を忘れてくれれば幸いと買ってきたんですが。

e0079166_20264862.jpg アカミのために買ってきたのに、当の本人は2~3回噛んだだけでほとんど興味を示さず。ウニはいつものように1時間でも2時間でも息継ぎ無し、休み無しで集中して噛んでます。


e0079166_2027460.jpg
 輪っか状なので、とにかく丸を崩す所からはじまります。昨日の夜もしばらくがんばっていたなと思っていたら、すでにここまで噛み進めていたウニ。


e0079166_20272192.jpg

 が、ちょうどこの時期が一番面倒くさいようで、何が面倒かというとこの横の部分が顔に食い込むんですわ;笑。


e0079166_20273550.jpg

 それでも時々、骨ガムから顔を離したりして攻略戦は続きます。


e0079166_20275015.jpg

 でもやっぱり片方が顔に食い込むのはやりにくいらしい。もうちょっとがんばればこの空間も大きくなるぞ!がんばれ!


e0079166_2028577.jpg

 こうやって毎日確実に穴を大きくして数日後にはなくなってました。


 で、次に取り掛かったのは放置されていたアカミの骨ガム。アカミの悪さをなくすために買ってきたのに、結局ウニに食べられちゃうみたい。(でも残りが10センチの棒状になると、アカミもなんとなく口にくわえて時々噛み噛みしているのをみます。でも一番大変な部分から取り掛かろうとは全く考えてないアカミ。)
[PR]
by alltomsverige | 2007-09-09 20:24 | ウニ ジャックラッセル

Unis boll ウニのボール

e0079166_5223063.jpg

 しばらく新しいおもちゃをあげてなかったので、昔3個セットで買ったボールのなかからラグビーボールをウニに与えた。
 「うわ~~!!!ボォォォォール!」


e0079166_5224768.jpg

 「フンガフンガ」


e0079166_523355.jpg

 「はっ!
 私、何をしていたのかしら?」


e0079166_526942.jpg

 「ヌオオオオオォ


e0079166_5262491.jpg

 「このボール!」


e0079166_5264054.jpg

 「ハムハムハム」


e0079166_529945.jpg

 ボールのことしか見えてない様子・・


e0079166_5334957.jpg


e0079166_5311852.jpg

 「ボールって楽しいねぇ☆」



 しかしこの後、15分ほどでラグビーボールは破壊され、ゴミ箱行きとなりました。
 ま、ウニは自分のものしか破壊しないので、それはそれで楽なんですよ。
 破壊すると自分が遊ぶものなくなるってことがわかるしね。
[PR]
by alltomsverige | 2007-09-08 05:18 | ウニ ジャックラッセル
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧