Allt om Sverige - Mini!


スウェーデン・ルンドよりミカ工場長がお届けするスウェーデン情報
by alltomsverige
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:スウェーデン生活( 281 )

Conditori Lundagård i konkurs ルンダゴードが倒産

 ルンドに訪れたことがある人なら知っているだろうコンディトリ・ルンダゴードが倒産した。
 ルンド大聖堂前の通り・Kyrkogatanにルンダゴードがオープンしたのが1913年。それからたくさんの学生達の憩いの場として賑わっていた老舗コンディトリも時代の波には逆らえなかったのだろうか。
 2003年から数年はオーナーが次々にかわり、今のオーナーになってから約1年半でとうとう倒産してしまったコンディトリ・ルンダゴード。
 ルンダゴードだけじゃない。ここ数年はルンドの中心地の空洞化が少しずつ進んでいる。特に郊外にショッピングモールのNova Lundが出来てから、多くの店がモールに移転した。雨の日でも屋内で一気に買い物が出来てしまうというのも魅力の一つだろう。
 同時にルンド中心地の家賃の問題も取り上げられる。数年前セブンイレブンにかわったLilla fiskaregatan の店舗は月の家賃が70,000krだったというし、ここルンダゴードの家賃は100,000krだったということだ。
 
 ルンドは学生の町、自転車の町と同時にカフェの町だとも私は思う。
 私がルンドに来てからの10年はカフェの時代だといってもいいほど、次々にカフェが生まれてきた。その多くが出来ると同時に学生に埋め尽くされる。カフェに座る学生があっての町だったのに、老舗・ルンダゴードはその波に乗れなかったのだろうか。
 確かにここ10年に生まれてきた多くのカフェが外国風(昔ながらのスウェーデン風ではない)といっていいだろう。そんな中、老舗ルンダゴードはコーヒーを頼めばコーヒーポットがやってきて、壁には時代の著名人のポートレート。
 ルンドにやってきた10年前にはよく学校の帰りにここでお茶をしたものだった。
 ここで銀のコーヒーポットから自分のカップにコーヒーをゆっくり注ぎ、壁のポートレートに目をやるとまるで自分が1900年代半ばにタイムスリップしたような気になったものだ。

 このままルンドからルンダゴードが姿を消すのか、それとも今風のコーヒーショップが入ってくるのかは今の段階ではわからないそうだが、買取に興味を示している人もいるとか。
 これからどんな形に生まれ変わるかわからないけど、ルンド大学と一緒にルンドを作り上げてきたものが少しずつなくなっていくのは残念な気がする。
[PR]
by alltomsverige | 2009-01-22 21:35 | スウェーデン生活

Namntoppen 2008 スウェーデンの名前ランキング2008

 2009年1月20日のMetro新聞に2008年の子供の名前ランキングが載っていた。

 この時期には日本でも同じようなランキングが発表されるので冷やかし程度に見ているんだけど、最近の子供の名前って・・・・・・なんて読むんですか?(汗)
 おばちゃんにはちょっと難しすぎる読みで、ほとんど無理!
 もちろん日本語なので漢字ランキングと読み方ランキングの2つがあって面白いんだけど、全体を見てみて思うのは、私が子供の頃とは全然違うということ。

 ということは、彼らがおじさん、おばさんになる頃は、この手の流行の名前(と私が今感じている)であっても普通の感覚になってくるのかな?
 ちなみに私の甥は外国名なんですが(ええ、両親ともバリバリの日本人ですが)、それも50年後にはあまり違和感なくなるとか??そうだったら甥のためにもいいんだけど。

 さてスウェーデンのランキングだけど、中には日本でも通じるようなものもあって、国際化ってこういうところにも達しているのねなんて思ったりして。ま、歩み寄っているのはあくまで日本側だけどね。

名前ランキング2008 スウェーデン

女の子(名前後のカッコ内は2007年の順位)
1. Maja (2) Antal(数): 783
2. Julia (4) Antal: 759
3. Emma (5) Antal: 753
4. Elsa (12) Antal: 727
5. Ella (3) Antal: 726
6. Alice (9) Antal: 692
7. Linnea (8) Antal: 666
8. Alva (10) Antal: 656
9. Vilma (1) Antal: 635
10. Klara (14) Antal: 603

男の子
1. Lukas (4) Antal: 1001
2. Oskar (3) Antal: 972
3. Elias (2) Antal: 869
4. William (1) Antal: 856
5. Hugo (5) Antal: 795
6. Alexander (12) Antal: 783
7. Erik (7) Antal: 713
8. Filip (8) Antal: 709
9. Isak (9) Antal: 709
10. Viktor (6) Antal: 705
(Alltombarn.seより)

 このランキングを見てもわかるように、2007年に1位だった名前は2008年に親になった人は避ける傾向があるようで、女の子・男の子の前年1位は今年はガクンとランクを落としている。
 そして更にこの表には載ってないけど、100位までのランクを見てみると、IrisとHarryが再びランクインしているらしく、これらの名前は1900年代初頭に非常にモダンな名前だったそう。
 そして名前って大体100年をサイクルとして再びブームがやってくるとは、名前研究者のEva Bryllaさんのお話。
 そう考えると、日本って100年前の名前が戻ってくるというより、常に新しい方へ新しい方へと向かっている?いいか悪いかは別としてね。
[PR]
by alltomsverige | 2009-01-20 19:43 | スウェーデン生活

Prinsen studerar i Alnarp 王子、Alnarpで勉強を始める

 2009年1月19日のCITY新聞によるとカール・フィリップ王子がAlnarpにある農業大学で勉強を始めたとのこと。
 Alnarpといったらルンドから車ですぐの所。自然豊かな農業大学でウニを連れて散歩に出かけたことも何回かあるところ。

 こんな所に王子が、しかもここで勉強を始めるなんてビックリな出来事。
 記事には「他の学生達は王子に対して王子!って呼ばなくちゃいけないってホント?」とあるけど、それに対してインフォメーション課のAnetteさんはそういうことはないとコメント。
 ただしAnetteさん自身も初めて王子に会った時は、やっぱり「王子」と言ったそうな。
 彼女によると、なんと呼んでいいのかわからないときは「王子」といえばいいと他の学生達には言ったけど、彼らもそのうちカール・フィリップと呼ぶようになると思います、ということ。

 自然あふれた大学というか、ほとんど森の中にある大学なので、Anetteさんのいうように、パパラッチ達にとっては茂みの中に隠れたりと、仕事しやすい・・・場所でもあるかもしれない。
 この大学で勉強するということは、どこに住むのかな??
 私もそのうちパパラッチよろしく茂みの中に潜んでカメラ抱えていたりして;笑。
[PR]
by alltomsverige | 2009-01-19 19:17 | スウェーデン生活

Spetskompetensutbildningar エリート教育

 Högskoleverket(大学教育庁)は15日にスウェーデンに10箇所のエリート教育の場を設けると発表した。
 簡単に言うと、エリート教育のこと。
 なかでもルンドはいっぺんに2箇所をゲットするという快挙。
 一つはPlohemsskolanに物理のクラス、もう一つはKatedralskolanに歴史のクラス。

 今までスポーツや音楽に秀でた生徒が行く場所はあったらしいけど、このように科目別のエリートを集めるクラスは初とのこと。
 高校受験、そして大学受験が当たり前の日本で育った私にとっては、今までこのようなシステムがないというほうが不思議だったんだけど、すでにこの政策に対しても批判的な声が出ているようです。
 その多くは「不公平だ」などというもの。(じゃあ、スポーツや音楽は不公平じゃないの?)
 しかし能力に合わせて行きたい所に行くというのは、公平じゃないのかな?
 だってそれぞれ得意・不得意があるわけで、ものすごく出来る子があまり出来ない子と同じクラスに居ると、お互いにもよくないのでは。出来る子は授業がつまんなくなって、本来ならもっと伸びるべきなのにその時点でとまってしまう。
 出来ない子は自分のレベルに合った講義がされないので、さらに困難になっていく。
 先生としても、じゃあ真ん中にあわせて・・というわけにもいかないし、やったところで出来る子や出来ない子にとっては非常に不公平な形になってしまう。
 私としてはやっぱりある程度のレベル分けをして、そのグループにあった指導をしていくことが一番の公平なやり方ではないかと思うんだけど、どうなんでしょうね。
 
 さてこのエリートクラスの別の特徴としては、ルンドに関して言うと、大学との連携もあり、高校に通いながら同時に大学でのクラスも取得可能、単位も取ることが出来るとのこと。
 (これってルンドのように大学がそこにあるような地域はいいけど、近くの大学が何百キロも離れたところにある高校とかはどうすんだろう・・・)
 このシステムが今後どのように展開していくのかが楽しみですな。
[PR]
by alltomsverige | 2009-01-15 17:31 | スウェーデン生活

Det har blivit lite ljusare ちょっと明るくなってきた

e0079166_0553958.jpg

 午後5時9分。
 この日は天気が良かったせいもあるけど、クリスマス辺りはこの時間は真っ黒だったことを考えると、ちょっとだけ明るくなってきたぞ!
 
[PR]
by alltomsverige | 2009-01-15 17:09 | スウェーデン生活

900 bort från Karolinska カロリンスカ大学病院の900人の大型解雇

 ストックホルムにあるカロリンスカ大学病院が、900人を解雇するという発表をした。
 これは医師、看護婦、そして事務職員全ての人を対象としたものであって、大学病院ディレクター補佐・Mikael Forss によると、出来るだけ患者に影響を与えずに費用削減をするというのが目標とのこと。
 
 しかしこれだけ大胆に切って大丈夫なのかな?
[PR]
by alltomsverige | 2009-01-14 21:49 | スウェーデン生活

Dyra pärmar 高級バインダー

 スのバインダーは高い。あの書類などを挟むバインダーですよ。
 それが異様に高い。初めてバインダーを買った時には驚いた。
 またこのつくりがごつい。背なんて布張りですよ。定価で買うと1つ25krはする。
 (といっても10年ぐらい定価で買ってないので正確な値段はわかりません。多分このくらいでってことで。)
e0079166_0164027.jpg

 しかしバインダーは必要不可欠なので(ざっと数えただけで私の後ろ本棚には40のバインダーがある)、仕事で必要なバインダーはここ数年、近くのセカンドハンドで大量に購入している。(セカンドハンドでバインダー購入する会社って・・・汗)

 買い始めた当初は1つ5krで非常にお得だった!だって定価軽く25krするんだもん。もちろん新品ではないけど、それでも5kr。しかも定期的にこの店をチェックしていると、たまに未使用のバインダーも並んでいることがある。そういう時は即買!
 (一度蚤の市で個人から買ったことがある。1つ1krだったからよかったけど、やっぱりレシートあったほうがいいので、最近は全てセカンドハンドで購入)

 それがある日突然、10krになっていた。
 目を疑った。倍?バインダー?!(・・・・・・・・・・)

 でも仕方がない、25krのバインダーを買えないんだから10krのを買うしかない。
 
 が、しばらくして、再び自分の目を疑った。
 12kr
 
 食料だけじゃなくバインダーも上がる最近なり。

e0079166_022583.jpg

 そんでもって誰かが使っているバインダーなわけだから、背表紙に紙が入っていたりして、これを取り除くのが結構難しい。たまにすっげー昔(1950-70年代のとか)の切り抜きとか入っていて楽しいけど。
[PR]
by alltomsverige | 2009-01-14 13:00 | スウェーデン生活

Skaffa ett bra jobb-miljö 職場を快適に

 日中はほぼ自宅勤務ですが、日によってものすごく寒い日とそうでない日がある。
 家の中は中央暖房システムで一定に保たれているのに、湿度とかの関係か、又は私自身の問題か。
e0079166_23462991.jpg

 仕事部屋にこもって仕事をしていると空気も悪くなるし、しかも冬は暗いし・・で、そういう時気分転換にも効果があるのがキャンドル!
 これお友達にもらったグレープフルーツ・ジンジャーの香り。これがほんのりとした香りでちょうどいい。
 しかもキャンドルがあると暖かく感じるわけ。

e0079166_23482375.jpg

 そして最近凝っているのがコーヒー以外の飲み物。今日はホットココア。
 いかにもあっためてくれそうでしょ。 
 ここ数ヶ月はコーヒーに関する興味が薄れて、他の色んな飲み物を試しているところ。
 もともとお茶・飲み物全般は好きだけど、なんせビール以外はあまり大量に飲めないので(いや、ビールも最近は大量には飲めないけど)飲んだところで日中1杯。
 今まではこの1杯はほとんどコーヒーだったわけだけど、最近はココアになったり紅茶になったりほうじ茶になったり・・とバラエティを楽しんでいるわけです。
 
 普段からほとんど(ビール以外は)水分を取らないので、気付くと朝のコーヒーと夜のビールしか飲み物飲んでない!って状態もあるわけで、そりゃいかんだろうって、がんばってプラス1、2杯は飲むようにしている今日この頃。でも難しいのね。忘れちゃうの、日中は。

e0079166_23515227.jpg

 そしてどうしても寒くてやってらんない時はマフラーです。
 マフラー、ブランケット、スパッツ、厚手の毛糸の靴下・・と自宅勤務をいいことに何でもありっす。ただジャージなんて着ているから寒いんだってつっこみ入りそうですが・・・汗。
 
[PR]
by alltomsverige | 2009-01-13 13:43 | スウェーデン生活

目指せ打倒シェパード Skåning tar upp kampen mot schäfern

 毎年スウェディッシュケンネルクラブより発表されているトップリスト20に、なんとスコーネの犬・dansk-svenska gårdshundがランクインした。
 (写真は ここ や ここ 参照)
 ブス可愛いとの表現がされているこのdansk-svenska gårdshund、昔はスコーネテリアと呼ばれていたほどぱっと見、JRTに似ています。
 でもよく見ると顔の比率がJRTに比べると若干小さく、体の模様もJRTに比べると多い(JRTは白色が全体の51%以上でないといけない)。(顔が小さくて全体的に色が多かったらdansk-svenska gårdshundかな?と私は思っている)
 
 トップはもちろんここ40年ぐらいほとんど1位のシェパード、そして続くはラブ、そして次にゴールデン。我がJRTは10位。(秋田はさすがにないけど、来年あたりリチャードギアの映画の関係で数を増やすかも)

 私が犬を飼おうと決めたときに候補に挙がっていたのはJRTとこのdansk-svenska gårdshund。でも当時どっちも人気があり、連絡をとったdansk-svenska gårdshundはもう残っておらず、その後コンタクトを取ったJRTも既に人手に渡り、結局最終的にうちにやってきたのはウニだったというわけ。
 そういう犬種なので、この記事にはピピピっと来てしまった。
 みなさんのお気に入りの犬種はスウェーデンでは何番目でしょうか?

・・・・・

(名前の後の数字は2008年クラブ登録数、及び2007年との比較)
1 シェパード Schäfer 2 616 –8,7

2 ラブラドールレトリバー Labrador retriever 2 328 –6,3

3 ゴールデンレトリバー Golden retriever 2 168 –17,4

4 スウェディッシュ・エルクハウンド Jämthund 1 635 –5,0

5 ロットワイラー Rottweiler 1 502 19,6

6 コッカースパニエル Cocker spaniel 1 422 12,6

7 キャバリア キング チャールズ スパニエル Cavalier king charles spaniel 1 165 –6,0

8 チワワ(短毛) Chihuahua, korthårig 1 139 29,3

9 チワワ(長毛) Chihuahua, långhårig 1 081 23,1

10 ジャックラッセルテリア Jack russell terrier 1 080 1,2

11 シェットランドシープドッグ Shetland sheepdog 1 035 2,8

12 フラットコートレトリバー Flatcoated retriever 1 027 –8,3

13 チャイニーズクレステッドドッグ Chinese crested dog 915 –3,3

14 ダックスフンド(ワイヤータイプ・ノーマルサイズ) Tax, strävhårig normalstor 832 –13,0

15 ボーダーコリー Border collie 789 7,1

16 イングリッシュスプリンガースパニエル Engelsk springer spaniel 780 –3,3

17 プードル(小) Pudel, dvärg 716 3,0

18 ボーダーテリア Borderterrier 675 8,9

19 Dansk–svensk gårdshund 650 3,7

20 バーニーズマウンテンドッグ Berner sennenhund 643 11,4

(スウェーデンの全ての飼い主がこのクラブに登録するとは限らない。ちなみにアカミはこのクラブに登録されているけど、ウニはJack Russel Terrier Club of Great Britain SWEDENというクラブ所属。またどのクラブにも登録しない人もいる。)
Källa: Svenska Kennelklubben (TT) 出典・スウェディッシュケンネルクラブ 
[PR]
by alltomsverige | 2009-01-12 22:08 | スウェーデン生活

Dags att städa julsaker クリスマスのものをしまう日・・・だけど

 Trettondedag Julです。ってことはクリスマス用品をしまう日!(いや、もっと伝統的には違う意味があるはず・・)
e0079166_3415727.jpg

 去年も同じような記事書いてますね。
 そうなんですよ、何年たってもこの暗さは変わらない(変わったら反対に怖いよな)。
 暗いんですよ。これらをとっちゃうと、家の中が。

 朝と夕方自動でついて消えるようにしてあるので、起きる時にはランプがついているようになっててこれが意外と快適。これがなきゃ起きるの無理。

e0079166_3421734.jpg
 
 1週間ぐらい余計につけていたかな?と思って去年の記事検索したら、19日になってもまだつけていたようですね、私達。
 今年はクリスマスランプとっても普通のランプつけようかと検討中。
 今まで電気代が勿体無いとランプつけてなかったけど、最近は暗いと目が見えないので(老化現象?)つけちゃおうかな。
[PR]
by alltomsverige | 2009-01-06 16:40 | スウェーデン生活
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧