Allt om Sverige - Mini!


スウェーデン・ルンドよりミカ工場長がお届けするスウェーデン情報
by alltomsverige
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:スウェーデン生活( 281 )

Alla Hjärtans dag バレンタインデー

 今年は今までになく、バレンタインデーの盛り上がりをみた年でした。
 その盛り上がりは、そう、まるで日本のよう;笑。

 なんというか、簡単に言うと、多くの企業がバレンタインデーを利用するようになった。
 もちろんバレンタインデーという文字もいたるところで多く見かけたけど、利用のされ方が非常に日本的!
 というか、やっと資本主義の波がやってきたか、スウェーデンにも!って感じなんですが。

 私がスに来た10年前は(って最近こればかり言ってないか?私・・)バレンタインデーのことは・・あまり知られてなかったような~(苦笑)
 一応Alla Hjärtans dagって言葉はあったけど、人々は特に何をするでもなく、何となく普通の日が過ぎていってたけど、今年はお菓子はもちろん、レストランはバレンタインディナーを!そしてマッサージサロンはバレンタインデーのマッサージ!挙句の果てにはバレンタインでーには新しいタイヤを!・・ってどこかで見かけなかったか?
 とにかく猫も杓子もバレンタインデーに絡めた広告。
 広告だけじゃなく新聞記事も、バレンタインデーには愛する人にハグを送ろうとかなんとか。

 もちろんイベントは好きな私ですが、ここまで商業的に利用されると、なんだか・・いや。
 今までゆっくりとバレンタインデーを過ごすことができたのに、スウェーデンも一昔前のような日本になったのかと考えるだけで鬱陶しく、来年がちょっと憂鬱。
[PR]
by alltomsverige | 2009-02-14 21:57 | スウェーデン生活

Vintergäck och snö Vintergäckと雪

e0079166_018223.jpg

 今年のVintergäckくん達(写真の黄色いプクプクした花です)。2月6日に発見しました。今年は結構早いほう。
 (毎日下を向いて歩いているのでルンドのほぼ確実な記録といっていいと思う;笑)
 これが来ると、春!とまではいかないけど、確実に春がやってきている兆し。
 もうすぐ冬ともお別れの季節。
 
 ・・でもね、Vintergäckたちが来たってことは、

e0079166_0184659.jpg
 
 ええ、来ましたよ。5日後に来ました。ドカッと。
 
 あと1-2回はドカが来そう。
 黄色のプリっとした可愛いVintergäck達。毎年のように雪に埋もれております。これも宿命なのでしょう。
 しかし彼ら、毎年埋もれてますが、それでも大丈夫なんですねー。

e0079166_019532.jpg

 ウニも寒いの嫌いだけど、雪は好きなんです。
 今年は雪が本当に多い。ここ2-3年降らなかった分が一度に降ってるみたい。

e0079166_0192416.jpg

 雪だるまアートもそこら中にゴロゴロしている。
 これを見るのも一つの楽しみ。
[PR]
by alltomsverige | 2009-02-11 11:16 | スウェーデン生活

Bilar som ha mest nöjda kunder 顧客満足度1位の車は?

 ボルボ、サーブといったらスウェーデン人が愛すべきスウェーデンの車ですが、最近、満足度からいうと、これを上回る車が出てきたというのは再びMetroからの記事。

 ここ3年に新車を購入した3000人に、購入後、どれだけ自分の車に満足しているか度数を聞いた所、一位はなんとBMW。ふむー、BMWかぁ~。聞いた所によると、BMWっていかにオーナーの「いい車に乗ってるぞ度」を上げることが出来るかどうかへの気配りも研究しているそうだから、何となくわかるような気もする。
 それは例えば、故障をしないとか、アフターサービスとかそういうことだけじゃなくて、車のドアが「高級車」としてのラグジュアリーな閉まり方をするとかなんとか;笑。

 そして注目の2位はトヨタ!
 これは故障しないとか、アフターサービスとかを評価されているのかな?というのが考えられる。
 3位以下をざっと紹介すると、Hyundai、マツダ、アウディ、そしてやっとボルボ、サーブが登場。

 3位に入った韓国のHyundai、がんばってますねー!
 確かにHyundaiは広告もしかり、サービスもものすごくがんばっているイメージがスウェーデンではあるような。私自身Hyundaiを運転したことがないので実際のところ、どんな車かはわかりませんが。

 確かに私がスに来た10年前は、見渡す限りボルボとサーブ。
 しかもむっちゃ古いの!私は愛称で「フルボル」と「フルサーブ」って呼んでたんですが、最近はなんのなんの、新しい車がドンと増え(みな豊かになったのか?)しかも種類も様々。
 色んな車が走ってますね。

 ルンドに関して言うと、トヨタのプリウス、ものすごく走ってんですけど・・・。
 
 とにかく、もうちょっと日本車上位に入っているかなって思ったんですが、意外と健闘中。確かに広告やなんやらで購入までこぎつけることが出来ても、それからいかにお客を満足させるかってそれは更に難しい課題ですからね。
 今度も日本車メーカー、がんばって欲しいですね。
[PR]
by alltomsverige | 2009-02-10 21:42 | スウェーデン生活

Billiga svenskakronor クローネ安

 日本の皆さん、円高で嬉しい人、困った人様々ですが、スウェーデンに関して言うとクローネ安です。
 もちろん円と比べて安くなったのは当然ですが、クローネ自体が安くなっている。
 お隣のデンマーククローネと比較しても安くなっていることに関しての記事をMetroで発見。

 コペンハーゲンにあるカストルップ空港から電車でスウェーデンへ、というのはスコーネに来る一般的なやり方ですが、そこでデンマーククローネを選択して切符を買うか、スウェーデンクローネを選択するかで結構な差が出てくるとのこと。
 スウェーデンクローネでチケットを買うと、スウェーデンに来るのに10デンマーククローネ分ほど安く買えるとのこと。これが空港からヨーテボリまでの道のりになると、片道で60デンマーククローネほど浮くそう。
 これってランチが出来るほどの差額!
 
 そして電車の切符だけじゃなく、更にお得な話題。
 この辺りではデンマークで働くのってそんなに珍しいことではなく、ここ数年は橋を渡って向こうで働いている人の数がドンドン増えているという状態。 
 しかしデンマークで働いているスウェーデン人達にとって、デンマーククローネとスウェーデンクローネの関係で、ボスとの給料の交渉なしに月給が25%ほど上がるという現象も起きているわけ。
 これってかなり大きいですよねー。何もせずに給料25%増アップって、もちろん反対になる場合もあるんだけど、うらやましい限り。
[PR]
by alltomsverige | 2009-02-10 21:28 | スウェーデン生活

Euro eller kronor ユーロ?それともクローネ?

 前回の投票でユーロには参加しないと言う意を示したスウェーデンですが(え!もう6年も前のこと?!)、スコーネの北にあるHöganäsでは再投票を待たずにユーロを導入しました。
 これはツーリストを考慮に入れて、ユーロもこの町では扱うということ。
 確かにHöganäsといったら食器などで有名な町だけど、そんなにツーリストが来るわけ?
 といっても町全体が参加しているかといったらそうでもなく、半数ほどの店がユーロ扱いも可ということ。

 新しい報告によると、ユーロに参加しなかったため、スウェーデンは多くのものを失っているという結果がでており、Folkpartietは2011年に再投票をしたいと計画しているそう。
 確かにユーロになると、スウェーデンから例えばドイツにビール買出しに行く時とか(笑)、他の国でも換金する必要がないので、その辺はお得。
 でもやっぱりスウェーデン独自のお金がなくなるのは残念。20kr札のニルスが見れなくなるのは残念だし。
 
 さてでもいつかはユーロになるんでしょうね。
 それがいつになるかが問題なんだけどね。
 
 
[PR]
by alltomsverige | 2009-02-08 22:21 | スウェーデン生活

Varma snödag 雪の日

e0079166_229297.jpg

 雪です。前回の雪からは久しぶり。

e0079166_2294733.jpg

 雪が降った次の日は比較的天気がいい日が多く、この日もこんなに晴天。

e0079166_2210843.jpg

 いつものどんより曇った、べちゃべちゃな通勤路も、ほら、この通りキラキラ。

e0079166_22102964.jpg

 こんな日はそんなに寒くないので、ウニも裸族で。
 雪に太陽が反射してまぶしい!
[PR]
by alltomsverige | 2009-02-02 10:30 | スウェーデン生活

Studiecirkel ワークショップ

e0079166_2259424.jpg

 2年半、8回にわたって行われてきたとあるワークショップが今日、終了した。
 参加は個人のスケジュールに合わせて様々なので、今日、全ての回を終了したのは私だけだった。
 
 8回のコースだけど、それぞれの回が数カ月おきに準備されており、それを1回でも逃すと次の機会は2年半後ということになり、休みなく参加するのが全行程終了のコツ。この日はちょっとばかり緊張した。急にインフルエンザとか風邪とか引いたら2年半待たなくちゃならないわけだし。
 ま、無事全部の回に出席、そして終了することができた。
 
 HPの美味しいものにもちょこっと書いたけど、このワークショップ、朝9時半から午後4時までのコースで、テーマにそって8-12人ぐらいで勉強するというものだけど(講義・討論・実験などなど)、もちろん内容は非常にためになるものばかり。一日中机に座っての作業だけど、内容が充実して実のあるものだったためか、時間がたつのも忘れるワークショップだった。これは講師の人たちの努力にもよるものだろう。
 そして別の楽しみはレストランでのランチ♪
e0079166_2302232.jpg

 普段外食はしないので、この時のランチが唯一の外ご飯。しかもタダ:笑。
 これが楽しみで毎回行っていると言っても半分は当たっている。

 ま、余談はこのくらいにして、このワークショップ、非常に様々な人種が参加して、人間観察もまた面白いのだ。
 簡単に分けるとアジア人・ヨーロッパ人・そして中東人、アメリカ大陸やたまにアフリカ大陸からの人もいる。オセアニアからの参加者には会ったことがない。
 
 まず面白いのは席。もちろん席は自由に選んでいいので、私はいつもの定位置、ホワイトボードに一番近くて出口に一番近いところに座る。じゃないと逃げ遅れる!(何に?)
 するとつぎにやってきた人、アジア人だと大体私のよこに座る。ほぼ100%の割合で私の隣はアジア人になるんだけど、やっぱり人間って人種ごとにかたまっていたのか?ちなみにこの日はタイ人だった。
 同じアジア人といってもたまによくペアになる(ということは隣に座る確率が多い)インド人の参加者とはなかなか仕事のペースや意見が合わずに、私は(彼女は非常にマイペースなのでどう思っているかはしらないけど)ちょっとイライラしたもんだけど、この日のようにタイ人の彼女だと馬が合うというか、普通のペースで作業もすすむので不思議。

 対してヨーロッパ人達は私の向かい側に座ることが多い。部屋に入って一番奥。そしてみなヨーロッパ人だけで固まる。その横にたまに参加するアメリカ人が来て(そんでもっていつも楽しそうなのね、アメリカ人って)、ヨーロッパ組とアジア組の間に中東組が入るというのが定番。
 
 インドと日本は同じアジアといっても、かなりメンタリティが違うので(私の目の前に座っているヨーロッパ組はそうは思ってないかもしれないけど)グループになって落ち着くか?といったら多分そうではないんだけど、やっぱりタイ人の人とはクスクスと笑うツボが似ているのか、変に落ち着く。
 目の前に座っているヨーロッパ人達もやっぱりヨーロッパ人達同士のほうが落ち着くのかな?
 聞いてみるとよかった;笑。

 あとやっぱりヨーロッパ人達はよく色んなことを発言する!私も「あー、それいいねえ。」とか「うんうん、その通り。」とか「そりゃー、ちょっとあてはまらないかもね。」などと心の中で思ったりはするけど、それをあえて手をあげてまで皆の前で発言しようなんて思ってなく、でも意見を聞かれたら言ってもいいな、という感じなので、いつも彼らの色んな意見をみんなの前で自由に発言することが出来る力には驚く。内容はどうであっても。
 そう考えると私の側のアジアグループは、インド人をのぞいては、比較的静かに座っているほうだった。

 内容だけじゃなく、こういう観察もなかなか面白い、人種が入り混じったワークショップだった。

 ただみんな部屋に集まるのが遅い。なぜだろう?ルンドゆえに「アカデミック15分(始まりが10時と書いてある時は実際の始まりは10時15分ということ。むかーし昔、ルンド大学の学生は鐘の音を聞いてそれぞれの教室に向かっていたわけだけど、そうすると部屋に皆が集まってくるのが15分後ということから、ということを聞いたような)」が暗黙の了解?いつも開始時間には写真のように私だけポツンと部屋に座っていることがおおいのだ。
[PR]
by alltomsverige | 2009-01-31 22:36 | スウェーデン生活

シューズラックあげます

e0079166_211741.jpg

(写真・IKEAカタログより)

 苦節6年、やっと玄関ホールの模様替えをしました。
 シューズラックが不要になったので、誰か欲しい人、いりませんか?
 3つあります(ネジ等はないのであしからず)。
 ルンド内だったらお届けします。それ以外だったら取りに来れる人~!!

 1週間ぐらい待って誰も欲しい人いなかったら、いつものようにErikshjälpenに持っていく予定。
[PR]
by alltomsverige | 2009-01-30 13:13 | スウェーデン生活

Axelspärr? 寝・肩・違い?

 26日の午後から肩が痛い。
 肩というより首?首というか、首から肩にかけてというか・・・
 とにかくいつもの肩こりとは違うし、背中の痛みとも違う。
 
 これって寝違い?
 でも寝違いって寝ている時になるやつで、首とかが多いでしょ。
 確かこの痛みが出てきたのが午後で、首じゃなくて首から肩、背中にかけて。
 夜中、寝ていて自分で自分の頭を支えるのも困難。
 
 これって寝違いじゃなくて、寝・肩・違いなのかな?
 (密かに四十肩じゃないかなんて思ったりもしている)
[PR]
by alltomsverige | 2009-01-29 18:03 | スウェーデン生活

Hur gör man om man tappade spagetti på golvet? 床に落ちたスパゲッティ、どうします?

 茹でたスパゲッティが何かの拍子に床に落ちたら、どうします?

 28日はこのニュースでラジオ・テレビは持ちきりでした。
 
 場所はGöteborgのLundby給食センター。 
 ここでは周辺の学校・保育所の子供6000人の給食を作っているそう。
 いつものように運転手のKevin Kryleさんが給食を取りに来た時に見た光景は、いつもとは違っていた。
 なんと調理場の床に落ちた茹でたスパゲッティを、そのまま拾い上げ、何事もなかったかのように新しい容器に入れ替えている。
 Kevinさんはこの状態はこれを食べるであろう子供達の親達は知っていなくちゃならないと、とっさに自分の携帯でビデオ録画した。
e0079166_2231813.jpg

(Metro 2009年1月28日より)
 これが新聞・ニュースに取り上げられ大変な騒ぎになったというわけ。
 この給食センターは緊急会議を設けたとか。

 これっていいんでしょうかね。
 私は飲食関係で働いたことがないので、こういうことが一般的に行われているのかどうかはしらないけど、私も昔、近くのスーパーで店員がパンをパン置き場に並べている際に1個落としたんだけど、それを何もなかったかのように再び置き場に入れているのを発見。
 パンはもう数年買ってはないんだけど、特に、この店ではパンは買わないようにしようと決意。
 
 賞味期限を張りなおしての食肉販売などでニュースを賑わったのが約1年前。
 何が起こるかわからないし、自分の食事は自分で守るしかないな・・・・と改めて思ったけど、そういえば、うちは外食もしないしカフェでお茶もしないしパンも買わないし・・・買うのって野菜か(洗えるし)、米(これも洗うしね)、肉(買った後、熱を通して調理するしなー)、あとは調味料の類なので、私達が口の中に入れるものってほとんどがどういう風に調理したかわかるものなのでちょっとは安心なんだな、と気付いた。
 
[PR]
by alltomsverige | 2009-01-28 12:09 | スウェーデン生活
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧