Allt om Sverige - Mini!


スウェーデン・ルンドよりミカ工場長がお届けするスウェーデン情報
by alltomsverige
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

アーグストの出産予定日

 本当ならこの日辺りにアーグスト(息子)と会える予定でした。

 でも4ヶ月半前の7月下旬、ちょうど妊娠6ヶ月目に入ったぐらいのある日、おなかが痛くなり、助産婦さんが「何かあったらルンド大学病院婦人科の救急に電話するように」って言ったように電話して助けをもとめたんだけど、Allt om Sverige - Mini! を前から読んでいてもらっている人には簡単に想像できると思うけど、診察拒否。
 それでも我慢できずに電話するけど、ことごとく拒否。
 結局12時間後(電話をしはじめてからは約10時間後)、むりやり救急のドアを突破したときには、すでに時遅し、もう救えない状態になってました。
 その時点ではまだ息子は元気に私のおなかをぽこぽことけっていたんですけどね。羊水が入った袋が少しでてきている状態になっており、これを押し戻すのは無理だと医師から言われました。

 結局だめだ、無理です。って言われたので、それから彼が死ぬのを待つだけになったんです。
 そして翌日の朝、彼は生まれました。誕生死でした。
 
 おなかが痛くなる日の前日の超音波では元気に暴れていた彼。
 成長も順調で予定日も本当は1週間後ぐらいだったのが、この日に早まったぐらい。
 
 そんな彼との突然のさよならを強いられ、病院への不信感や子供を失った喪失感、無力感、虚無感などの月日を経て、やっとこのブログに書く事ができました。
 彼の予定日に彼のことを書くことができて、ちょっとほっとしています。
 直後はもう2度とここに戻ってくることなんてできない感じでした。

 アーグストがお空に帰った直後は何をすることもできず、blogも休業しました。人と会うのもしばらくは辛く、メールで心配してくれた皆さんに返信することもできず、ご心配おかけしました。
 返事できなかったのは、こんな理由があったからです。 
 しばらくはこのことを書くことすら、手が震えてだめでした。
 でも彼のことを忘れたくない、このことを忘れてはいけないと(もちろん忘れはしませんが、詳細など)別blogを立ち上げました。
 
 興味がある方は
 スウェーデンで天使ママ(http://aoj.blog83.fc2.com/)
 を読んでみてください。
 特に7月の下旬には病院とのやり取りがどういうものだったのか、詳細に書いているつもりです。
 それ以後は私のもがきのみですので、かなりうっとおしいものになっていると思いますが、今はこうやって生きていくのが精一杯です。

 なお、この別blogを書き始めたのは流産後、1ヶ月ほどたってから。
 当時は外を歩く事すら辛い時期があり、とにかく内にこもって、隠れていたい気持ちでたくさんでした。同じ名前で書いてもよかったんですが、別のHNで書いています。
 なお、このblogを訪れてくれる人たちは私と同じような境遇の方が多いので、コメントの内容も一般的なものではないと思いますので、コメントをされるかたはその辺を考慮してよろしくお願いします。
 でも今はやっとこっちのblogにも戻ろう、スウェーデンの情報発信、もちろんこのことも一つのスウェーデンの情報ですから、これも含めて発信していきたいと思うようになりました。

 まだ本格的に以前のように書いていくのは、もうちょっと後になるかもしれません。
 最近は新しく始めたプロジェクトで文字通り朝から晩まで仕事をしています。
 どんな状態に陥っても、生きていかなくてはならないし、生きるためには仕事をしてお金を稼がないといけませんからね。
 (皮肉な事に、流産して病院はすぐに「病気休暇」のことを言ってきましたよ。まさに病気休暇漬けのスウェーデン・・・・病気休暇を喜んで与えるぐらいだったら、診察して息子を助けて頂戴。そのほうが長い目を見たら安いと思うんだけど。もちろん自営業で休暇なんてとってたらお金が入ってこないので休暇なんてつかいませんでしたけど。流産の手術があったので無理はしませんでしたが。)
 こんなこといつものように書き始めるのは来年あたりになるでしょうか。

 12月もあっという間に終わってしまいそうですね。
 これまでの4ヶ月間は本当に長くて辛い4ヶ月でした。
 もしかしたらこれからも長くて辛い人生が続くかもしれませんし、息子が死んだのも事実です。
 そしてこの事実と生きていかなくてはならないのも事実。
 今はこのことを受け入れて前に進んでいくか、が私とうちのス人の課題だと思います。
 (といっても彼もやっぱり毎日辛いらしい)

 ありきたりの、何にも起こらない日常が本当に幸せなんだなって思いました。
 そんな日常がもどってくるかな。戻ってきてほしいんだけど、でもその時、息子の記憶をどこに置いたらいいのだろうって問題にぶつかります。
 多分そういうことは別blogに書いていくと思います。

 それでは皆さん、よいお年を。
 
[PR]
# by alltomsverige | 2009-12-12 20:57 | スウェーデン生活

Pumpa かぼちゃ

e0079166_22161295.jpg


 かぼちゃの花が咲いた。
 かぼちゃの花って1日しか咲かないのね。
[PR]
# by alltomsverige | 2009-07-08 09:15 | スウェーデン生活

Virkar med fingar 指編み

 夏至祭が始まるまではここ50年の冷夏なんていってたスウェーデンだけど、夏至祭終わったら突然夏が来た。
 連日30度近くまで気温があがり、うちのアパートはアレルギーの人が約1名いるため、窓開け禁止の灼熱地獄アパートとなった。
 しかしその夏日も2週間ぐらいで終わりを見せようとしている。
 ああ、どこまでヘナチョコ・スウェーデンの夏。
 1ヶ月ぐらい夏日続ける気合ってのはないのか!
 とここで私が怒ってもしょうがない。まだまだ夏は長いので、再び夏日が戻ってくるのを祈るしかない。

 ところで前置きが題名と全く違うものになってしまったけど、そんな夏日も終わりそうなこの日、ネットでふと指編みなるものを見つけた。
 もちろん指編みの存在はしっていたけど、「30分で編める帽子」なんて出ていた日には試さずにはいられない。
 実は犬用のセーター本を2年前に買ったはいいけど、ウニののろいか(洋服嫌い)一向に始める様子がない私。冬が終わっては、「ま、来年の冬までにできればいいんだし♪」なんて悠長なことを言ってすでに2年。
 どうも私には編み物をしようという気がないらしい。編み物が食べられればまた別の話だろうケド。

 が、この指編み。30分なんて書いてあるし、しかも道具がいらない。
 実はお友達のFさんからしこたま毛糸をもらって材料には困らない。
 思い立ったが吉日ってことで、40分後・・・・
e0079166_2153955.jpg

 できました!
 (同じタイプの毛糸がなくて2色になったけど、これはこれでいい感じ)

 はじめの取っ掛かりに異様に時間がかかったけど、一度理解してしまうと指が勝手に動く。
 うほほーい!面白い!
 調子に乗ってウニの帽子もつくったろかと思ったほど(ウニにとってはすごい迷惑)。
 
 夏日が終わったといっても、まだまだ暑さが続くアパートで汗を流しながら編む帽子。
 なかなか貴重な体験だった。
[PR]
# by alltomsverige | 2009-07-06 15:44 | スウェーデン生活

Fällperiod 抜け毛の時期

 もうずいぶん前から始まったいつものアカミの抜け毛の時期だけど、もうそろそろ終わりを迎えようとしている。いつはじまったかは記憶にないけど、最高潮の時期はどうやらおわったらしい。
 一番ひどい時は、毎朝1階に行くと、
 「アカミ・・・1匹、殺ったのか?」ってくらい、犬の毛が散乱していて、その量も半端ではない。
 それが延々と数週間続く。掃除する気力はもうない。
e0079166_050580.jpg

 最高潮の時期は掃除機かけるのももったいないので(いくらかけても30分後には毛の海になるうちのリビング)、Aさんにもらったクイックルワイパーで集めて捨てるだけ。
 最近はその量も減ってきたので、数日おきに掃除機をかけるようにはしているけど、それでも2回掃除機を掛けると、ダイソン君が満杯になってしまう。
 掃除機を選ぶ時に、しきりに袋式の別のメーカーを薦めるうちのス人母を無視してこれ買ってもらってよかった;笑。じゃなきゃ、今頃、袋破産しているところだったよ。

 当の本人は最近はかゆいのか
e0079166_053667.jpg

 こんな凶暴な顔しながら尻かいてたりする。

 本当に抜け毛がひどい時には、ボディーもボサボサで、まるで野良犬;笑。
 ほとんど抜けた今は、皆から「痩せた?」って言われるサイズまでになっているアカミ。
 毛だけで印象かなりかわるらしい。

 世の秋田飼い主の皆様、大変ですな。
 あ、でもうちのス人のように、部屋中に散らばっている抜け毛がまったく目に入らない飼い主もいるので、抜け毛が気になってしょうがない飼い主さん、大変ですががんばりましょう(疲) 
[PR]
# by alltomsverige | 2009-06-22 19:46 | アカミ 秋田犬

Hasslö ハスロー

 Hasslöについて少し。
 私が夏至やクリスマス時期に訪れるHasslöとはBlekinge地方にある島のこと。
 うちのス人はここ出身。 
 Blekingeの首都Karlskronaから車で20分ぐらい。

 Blekingeは「スウェーデンの庭」というキャッチで(笑:プププ)その名の通りか、自然が美しく、海と群島がなすコントラストは素晴らしい。
 スウェーデンでも一番小さなLän(県よりかはちと大きめの単位)で、スウェーデンの南東に位置する。
 東西に長く、北に車を走らせるとあっというまにSmålandに入ってしまう。そのおかげか、海と森の生活がいっぺんに楽しめる。
 
 そのBlekinge地方の海に浮かぶ島のうちの一つがHasslö(öは島の意味)。
 現在は本土と橋(Hasslöbron)でつながっているが、1964年以前は孤立した島で本土との行き来はボートに限られていた。
 
 現在島の人口は約1600人、島には3つの店(Konsumスーパーとコンビニ)・レストラン(Hasslödoppet)がある。
e0079166_033275.jpg

 (パン・ケーキ・レストラン・ピッツェリア・パブ・ITカフェと何でもやみたいのHasslödoppet)

 夏のHasslöにはスウェーデンとドイツからの海水浴客が多く、「Lilla Hawaii(小さなハワイ)」とも呼ばれている(これ知らなかったー!笑)。
 ユースホステルやテニスコートもあるので、何にもないところでゆっくりしたい人には最高の夏の隠れ家ではないだろうか。
e0079166_0381647.jpg

 (Hasslö教会)
[PR]
# by alltomsverige | 2009-06-19 20:20 | お出かけ

Värmebölja 猛暑

 いや、書いてみるもんですな。
 暑いと書けば寒くなるし、寒いと書けば暑くなる。
 今回も前の記事を書いた翌日から(少なくとも私がいたBlekingeでは)晴天が続きました。
 20日(土)にちょっとまとまった雨が降っただけで、あとは本当に気持ちがいいほどの青空!
 期待していなかったことだけど、今年の夏至祭が私のスウェーデン史の中で一番いいお天気の夏至祭でした。
e0079166_2350840.jpg

 (犬の散歩の途中。遠くに見えるはHasslö教会)

e0079166_23502587.jpg

 (ハマナスが咲いていた。香りがものすごくいいのでクンクンせずにはいられない花)

e0079166_23504650.jpg

 (HasslöとはBlekinge地方にある島の一つ。Blekingeには群島がある。うちのお隣さんも何故か偶然、この辺の島に別荘を持っている)
[PR]
# by alltomsverige | 2009-06-19 19:40 | スウェーデン生活

Kallast sommar i 50år ここ50年一番の冷夏

 って夏まだ始まったばかりなんですが、とりあえず気象庁の発表によるとこの夏(ってことはこの6月ってことか)は過去50年で一番寒い夏だそう。
 そういえば毎日いまだに首にはストール巻いてトレンチ着て歩いてますから、確かに寒い夏なのかも。
 例年はこの時期、サマージャケットではいけてる記憶があるんだけど。。。

 私のスウェーデン史の中での冷夏といったら、忘れもしない2000年の夏。あの時は一応サマージャケットレベルまではいったけど、tシャツで過ごすことなく夏が終わってしまった。あの時もかなり冷夏感はあったんだけど、今年のトレンチコートに比べるとやっぱり夏だったのかな?

 。。。なんてこと書こうかなと思っていた今日は、久しぶりに天気がいいぞ(といってもやっぱりトレンチ着てる私。中はtシャツとフード付きロングtシャツ・・・・着すぎか?)。
 天気予報によると今日は雨、明日も雨らしいんだけど、できればこのままもってほしい。
 ここ数日、夏至祭を前にしてか、ニュースの天気予報からもなんだかピリピリした雰囲気がただよってきていたし、からっと晴れた夏至祭ってもんも体験してみたいなあ。

 しかし最近、ここ何十年の○○!ってのが多すぎるような気がする。毎シーズン、何かの記録更新中?
[PR]
# by alltomsverige | 2009-06-18 14:15 | スウェーデン生活

Snart midsommar もうすぐ夏至祭

 今週末は夏至祭。日曜日は一年でもっとも明るい時間が長い日なので、このへなちょこルンドでも夜はこんなに明るいです。
e0079166_1821427.jpg

 最後の犬の散歩の時間にこんなに明るいのは非常に嬉しい。時間は午後10時を過ぎた頃。

 夏の夜の散歩はうちの横にある市立公園をぶらぶらすることが多く、反対に冬は町をウインドショッピングしながら散歩することが多い。
 くらーい公園ってなんか物騒でしょ。だから冬はほとんど町散歩。反対に夏の明るい夜の公園って落ち着いていて気持ちいい。

e0079166_18212196.jpg

 いつものオブザバ公園。ここにはたくさんのウサギがいるので、犬らはうさぎセンサー立ちっぱなし。
 もちろん市立公園にもいるけど、こっちのほうが茂みが多くて、その分ウサギ率が多いらしい。クンカクンカその辺かいでいるうちのお嬢さん方。

e0079166_18213722.jpg

 市立公園の噴水もライトアップされてます。

e0079166_1821525.jpg

 満開のお花とウニ。
 この時期、市立公園あたりって、どうもビワの匂いがしてたまらん。散歩中ずっとビワ臭を感じている私。ああ、ビワ食べたいなぁ(うちの実家にはビワの木があって、いつもうちの母が気に登ってとったやつを東京に箱一杯に送ってくれてたなー)

e0079166_18221041.jpg

 公園をぐるりと散歩してうちの前の通りにもどってくると大体30分が経過している。
 この写真は10時半ぐらい。曇っているけど、夏至祭の天気はどうなるかな。。。
 (ってだいたい夏至祭って天気悪いんすよ。私の夏至祭の記憶って、雨ふってるので庭にはったテントのなかで片方の肩をぬらしながらビールをちびちび飲んでいるイメージ。そして寒いので分厚いジャケットはかかせない。)
[PR]
# by alltomsverige | 2009-06-16 22:40 | スウェーデン生活

Min balkong 私のベランダ

 4月の頭にはじめたうちのベランダ菜園。2ヶ月たった今の様子は・・・
e0079166_16505333.jpg

 トマトたち。花をつけているものもあるので、トマトが収穫できるのは確実。天気が続くのを祈ろう。

e0079166_165117100.jpg

 今年は本当にこのミニ温室に助けられた。これがなかったら多分何も育ってなかったんじゃないかな。
 いい買い物だった。2千円しなかったけど。
 だけど2千円だけに、すでにチャックが壊れた。

e0079166_16514015.jpg

 背が高い、ひょろっとしたのはソラマメ。右奥は8-9年前からうちのベランダに居る野いちご。これは手入れ不要、水遣りもほとんど不要のすごいヤツ。でも毎年たくさんの実をつけてくれる。

e0079166_1651568.jpg

 温室の中。手前・春菊、奥・小松菜。春菊、小松菜ともに4月の陽気で一気に芽が出たものの、5月の悪い天気で1ヶ月成長が止まる。最近はまたぐんと伸びてきた。

e0079166_16521277.jpg

 手前(ピンボケ)ニガウリ、奥はイタリアンパセリ。

e0079166_16522917.jpg

 バジルくんたちもここまで大きくなった。タネをしこたままいたので、それらがすごいことになっている。うちはバジルファームといっていいくらいバジルに占領されている。

e0079166_16524612.jpg

 これが野いちごくんたち。野いちごって普通のイチゴをこの大きさに凝縮した感じで、香りもすごい!味も小粒だけどすごい。冬の間、ベランダでどうやって越しているのか、不明。でも毎年元気に復活するやつ。

e0079166_1653520.jpg

 この小松菜はもうすぐ食べられる。ふふふ。

e0079166_1653229.jpg

 先日つんできた雑草、あ、いや、Prästkrage(マーガレット)は雑草だけにまだ元気。すっごく元気。
[PR]
# by alltomsverige | 2009-06-15 16:45 | スウェーデン生活

Pioner 芍薬

e0079166_16423760.jpg

 うちの(アパートの中庭の)芍薬がここまで立派になりました。
e0079166_1643142.jpg

 見るにも豪華で香りも素晴らしい芍薬って、好きな花の一つです。
 これをみるとクンクンせずにはいられません。
 で、私がクンクンしていると、ウニもクンクンするんですよ。
 わかってんのかな?

 そしてこの数日後の大雨で、大輪の芍薬たちは全て倒れてしまいました。
 残念。
[PR]
# by alltomsverige | 2009-06-11 16:40 | スウェーデン生活
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧