Allt om Sverige - Mini!


スウェーデン・ルンドよりミカ工場長がお届けするスウェーデン情報
by alltomsverige
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Spetskompetensutbildningar エリート教育

 Högskoleverket(大学教育庁)は15日にスウェーデンに10箇所のエリート教育の場を設けると発表した。
 簡単に言うと、エリート教育のこと。
 なかでもルンドはいっぺんに2箇所をゲットするという快挙。
 一つはPlohemsskolanに物理のクラス、もう一つはKatedralskolanに歴史のクラス。

 今までスポーツや音楽に秀でた生徒が行く場所はあったらしいけど、このように科目別のエリートを集めるクラスは初とのこと。
 高校受験、そして大学受験が当たり前の日本で育った私にとっては、今までこのようなシステムがないというほうが不思議だったんだけど、すでにこの政策に対しても批判的な声が出ているようです。
 その多くは「不公平だ」などというもの。(じゃあ、スポーツや音楽は不公平じゃないの?)
 しかし能力に合わせて行きたい所に行くというのは、公平じゃないのかな?
 だってそれぞれ得意・不得意があるわけで、ものすごく出来る子があまり出来ない子と同じクラスに居ると、お互いにもよくないのでは。出来る子は授業がつまんなくなって、本来ならもっと伸びるべきなのにその時点でとまってしまう。
 出来ない子は自分のレベルに合った講義がされないので、さらに困難になっていく。
 先生としても、じゃあ真ん中にあわせて・・というわけにもいかないし、やったところで出来る子や出来ない子にとっては非常に不公平な形になってしまう。
 私としてはやっぱりある程度のレベル分けをして、そのグループにあった指導をしていくことが一番の公平なやり方ではないかと思うんだけど、どうなんでしょうね。
 
 さてこのエリートクラスの別の特徴としては、ルンドに関して言うと、大学との連携もあり、高校に通いながら同時に大学でのクラスも取得可能、単位も取ることが出来るとのこと。
 (これってルンドのように大学がそこにあるような地域はいいけど、近くの大学が何百キロも離れたところにある高校とかはどうすんだろう・・・)
 このシステムが今後どのように展開していくのかが楽しみですな。
[PR]
by alltomsverige | 2009-01-15 17:31 | スウェーデン生活
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧