Allt om Sverige - Mini!


スウェーデン・ルンドよりミカ工場長がお届けするスウェーデン情報
by alltomsverige
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Unis trauma ウニのトラウマ

 約1ヶ月前にドッグランでアムスタッフのルーに襲われたウニだけど、心配されていた他の犬との接触を恐れてしまうんじゃないかというトラウマにもならずここ1ヶ月元気に回復してきた。

 この1ヶ月、2回ほど散歩の途中にルーに会った。ルーを見かけたといったほうが適切か?両方ともルーは道の反対側を人と一緒に歩いていた。それを見つけた私とウニは固まる。
 ウニは本当に固まってルーから目をそらそうとしない。ウニに気付いたルーはルーで、ウニから目を離さない。ここで不気味なのはウニは明らかにルーを恐れているのに、ルーは、まるでサイコ映画の主人公のように不気味な笑みさえ浮かべながら、何とその辺に落ちている木の枝を拾い上げて可愛く遊ぶ仕草までしてみせている。その姿はまるで一緒に遊ぼうと誘っている普通の犬。

 仮にもウニを殺そうとした犬がウニの目の前ではしゃいで見せる。この背筋が寒くなるような光景を私もウニも忘れることが出来ない。

 ルー、あきらかにどこかがおかしい。

 最近は夜の最後の散歩時にドッグランに行くことが多い。その時間帯だとあまり他の犬がいないのでウニとアカミは2匹で存分に遊ぶことができるし、数ヶ月前だったら遊びに発展しなかった2匹の仲も最近は2匹間に何が起こったのかと不思議になるほど親密。他の犬がいても2匹で遊ぶという徹底ぶり。

 ドッグランまでの道のりを若干嫌がるウニだけど、「ルーはいないから」と適当な未確認情報を言って飼い犬をなだめる私に引きずられランにやってくると元気に走り回る。
 しかしこの日は違った。土曜日午後なのでどうかなぁ・・と思いつつランに向かうと、遊んでいる4-5匹の犬の中にルーを発見。
 するとランまでまだ数十メートルあるというのに、ウニは固まっている。私ですら確認が難しいのに、ウニはランにルーがいることを知っている。あの現場に殺人鬼が舞い戻ってきた映像がウニの頭にはあるのだろうか。
 
 もちろんルーがいるので私もランに行くつもりはない。しかしランにいるルーの飼い主と話をしているうちのス人を待たなくちゃならない。
 ウニが尋常ではなくなる。パニックになりはじめている。この数十メートル離れた場で待っていることすら今のウニには難しいようだ。
 とにかく家に戻ろうと必死なウニ。
 
 話を終えたス人が戻ってきたのでそのまま公園に行くことに。
 被害者の傷って簡単に癒えることってない。表面的な傷はもうわからないほどにきれいになったけど、心はまだ・・もしかしたら一生治らないかもしれない。
[PR]
by alltomsverige | 2007-11-24 22:11 | ウニ ジャックラッセル
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧