Allt om Sverige - Mini!


スウェーデン・ルンドよりミカ工場長がお届けするスウェーデン情報
by alltomsverige
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Svenska män städar mest i Europa ヨーロッパで一番掃除をするスウェーデン人男性

 11月20日のSydsvenskan新聞の記事より。
 Harmonised European Time Use Surveysによるとヨーロッパ人男性の中では、なんとスウェーデン人男性が一番掃除をする時間が長いという結果がでたそうです(一日に約15分)。
 もちろん女性の掃除時間に比べたらスウェーデン人男性もスウェーデン人女性(一日に約30分)の半分の時間しか掃除をしていないことになってしまいますが、それでもヨーロッパ人男性のなかで一位!となればそれはそれは誇らしいことでしょう。

 反対に一番掃除をしないのはどの国民なのか?
 リトアニアとブルガリア男性が6分と一番低い数字になってます。
 
 一番掃除をする国民は?というとイタリア人女性。一日に平均約84分という数字はヨーロッパのなかでもダントツ。ついではフランス人女性の58分。

 男女平等がこんさに叫ばれている世の中ですが、やはり掃除は女性の仕事のようで、ほとんどの国の男性が15分以下なのに反して、やはり女性はどの国も20分以上は費やしているようです。

 さて、そこでうちのス人を考えてみたところ・・・ヨーロッパ人男性の中で一番掃除をするという名誉を傷つけるかのような、そして思いっきり平均数を下げるかのような、ここ4年で1度しか掃除機にさわってないという亭主関白振りをここスウェーデンで堂々と発揮しています。

 本人に質問したところ、
 「ごみが見えないから掃除しない」
 とのことです。
 なんと合理的な考え方でしょう(?)。
 確かにゴミは見えなければ存在しないと考えてもいいのでしょうね、この際。
 
 このネタ、よっぽどスウェーデン人にとって嬉しいことだったのか、新聞の表紙にも大きく文字が!そしてラジオでも盛んにこのネタを取り上げていた一日でした。

・・・・・

 翌日、驚くべきことに、4年間で1度しか掃除機を触っていないうちのス人が、何を血迷ったかトイレに掃除を手に入っていった。
 何をしたのか聞いてみたら、なんと「カスカの毛が床にあって気になったから」とのコメント。
 ぜったいにこの記事に感化されたに違いない。本人はただ気になっただけと言っているが、今までその気になるゴミさえも見えなかったうちのス人のこの変わりよう。
 来年のスウェーデン人男性の平均掃除時間が15分から20分になっていることを祈ろう。
[PR]
by alltomsverige | 2007-11-21 23:06 | スウェーデン生活
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧