Allt om Sverige - Mini!


スウェーデン・ルンドよりミカ工場長がお届けするスウェーデン情報
by alltomsverige
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Prata svenska med japaner 日本人とスウェーデン語を話す

 最近、ああ、やっぱりそうか、と感じたこと。

 ここ1ヶ月ほどとある仕事をしていました。
 (これ以外にも小さな仕事は色々やっているんですが)
 そこには日本人の人もいて、その方とは普段は日本語で会話していました。
 でもそこにいるスタッフはみなスウェーデン人だから、みんなで話している時はもちろんその方ともスウェーデン語で話すわけですが・・・・・

 難しい!!

 なんというか・・・むずむずしてだめなんです。考えているわけではないけど、非常に難しい。何が難しいというのは話している最中はわからなかったけど、あとで考えてみるとテレのような、はたまた申し訳ない気分のような。話している最中、右手と右足を同時に出しているようなぎこちなさを感じ、顔も引きつっていたかもしれません。

 そして帰って気づいた。

 その方は私より年齢も地位も上の方で、いわゆる目上の人なんですね。
 そういう人には敬語を使うというのが普通じゃないですか。あ、私にとっては普通なんですね。
 とにかく先輩には敬語。そういう時代を生きてきましたので(苦笑)こればかりは自動なんです。オートマティックなんです。目上の人に対して敬語を使うな!といわれると、手を後ろでしばられたイタリア人のように発言できなくなってしまいます。

 そうだったんですねー。ここにあったんです。

 その方とは日本語ではもちろん私は敬語を使っているわけですが、ス語に切り替わったとたんに、ためぐち!
 これは私の頭が動揺して当然ですね。だから難しかったんだー。あいやー(中国人風)。

 これは特にス語に限定してのことではなくて、敬語のことをあまり考えなくてもいい言葉では起こってしまう現象でしょうね(英語のことはあまりよくわからないのでここではス語のみについて書きますが)。
 
 教授にも爺さんに対しても「ボッセ!」とか「アニタ!」など呼び捨てですから、スウェーデン。
 これに慣れるのに1年かかった私ですから、日本人の目上の人に対等なス語を気兼ねなく使うことができるようになるのは何年かかるのか???

 補足;
 ルンドでは日本人と会うことはそれほど珍しいことではなく、学校などの授業でも日本人と机を並べることはあるわけですが、そういう場合は、例えばこの人が私より年上であったとしても、シチュエーションがすでにクラスメイトなわけですから、それほど気にせずにス語で会話することができます。もちろん日本語になると敬語に切り替わる私ですが。
[PR]
by alltomsverige | 2006-12-08 21:44 | スウェーデン生活
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧