Allt om Sverige - Mini!


スウェーデン・ルンドよりミカ工場長がお届けするスウェーデン情報
by alltomsverige
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

大好きな犬(6月8日)

 ウニをもらいに行く前に人形ぐらいは用意しなくちゃならないだろうと適当にかったこの犬の人形。この犬がウニの初めての友達になりました。
 適当に買ったわりには(手触りで決めた)ウニの激しい攻撃にも比較的たえ、数回の大手術を経験しながらもウニの相手を務めること8ヶ月、今は引退し、穏やかな犬生を送っているわけです(玄関のコートかけの上の物置で)。
 
 この頃はまだ目があった頃。(後に両目なくなる・・ひえ~。鼻はすでにないかな?)

e0079166_22465943.jpg

 ウニ:この子は私の親友なの。いつも一緒にいるのよ。




e0079166_22482685.jpg

 私:親友の鼻をもいじゃったのは誰なのぉぉぉぉ~?
 
 ウニ:さあ~~~。しらなーーーーい。




 という風にとにかくおもちゃを破壊することを生きがいにしているウニですが、感心なのは、自分のものと私たちのものをしっかりと区別していること。
 よくJRTに自分の洋服やバックを破壊されたという話を聞くけど、今まで(赤ちゃん時代のスリッパがじがじ事件を除いて)ウニが私たちのものに手を出したことは大人になってからはありません。
 
 クリスマスにたくさんのおもちゃをもらったウニですが、その時にもらった小さなクマの人形(ウニのもの)を、別のぬいぐるみ(ウニのものではない)と並べて置いていたのに、手を出すのは自分がもらったクマの人形のみ。
 両方一緒においているわけだから、間違ってもう一つのほうのぬいぐるみをとってもいいはずなんだけど、その辺きっちりと区別して自分がもらったクマちゃんを破壊しようとしていたウニでした。

 というわけで、安心しきって靴やバックをその辺にがんがん置いている私だけど、あまり信用しすぎるのもいかんかなぁ??

 と、この調子でクリスマス休暇中、うちのス人実家でス人兄犬からコートと靴を攻撃されたのはやっぱり気がたるんでいる証拠だろうか。
[PR]
by alltomsverige | 2006-01-08 22:57 | ウニ ジャックラッセル
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧