Allt om Sverige - Mini!


スウェーデン・ルンドよりミカ工場長がお届けするスウェーデン情報
by alltomsverige
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ウニはコタツで丸くなる

 犬は寒さに強いもんだと思っていたけど、どうやらウニは弱いらしい。
 
 今日は久しぶりに天気がよかったので、市立公園を散歩。うちから市立公園までは数百メートル、2分もかからないけれど、市立公園の中に入ってしまうとあっちだこっちだとウニ姫に連れまわされるので(もちろんウニの思惑通りには動かないようにしているけど)、いつもは公園のサイドに走っている通りを往復するくらいでやめるか、もしくは町ルートにしている。

 ここ数日雨続きだったので、この通りはべちゃべちゃ。幸いすごい量の落ち葉が絨毯のかわりになって、フカフカと歩きやすい。
 ウニは砂場とかたくさんの落ち葉の上を気が狂ったように走り回るのが大好きで、今日もこの落ち葉の海の中をザザザーーーっと駆けずり回っていた。

 うんことおしっこを済ませ公園の中に入る。ウニの好きな場所はたくさんあって、まずひとつは池。たくさんのカモがいて、目がらんらんとなる。だてに狩猟犬ではないのだ。捕まえたくて捕まえたくてしょうがないらしい。
 でもウニには欠点がひとつあって、水が怖い。

 犬には2つのタイプがあるようで、前者は水が大好き、または気にしないタイプ。後者は水が嫌い、または怖いタイプ。ウニは後者。
 だからカモが悠々と泳いで、しかも近づいてきているのに(多分人間をみると餌をもらえると思って寄ってくるんだと思う)何もできずに岸からものほしそうに眺めているのは、ちょっとかわいそう。だけどここでカモを捕まえてもらってもしょうがないので、リードはしっかりと握っていますが。

 今日は公園の中を流れる川で新たな発見をしたようだ。
 水を飲みたいのか、川に浮かんでいる鳥に興味があるのか、川ぎりぎりまで身を乗り出すウニ。すると岸の葉っぱが川に落ち、流れに沿ってゆるりと流れ始めた。
 それを発見したウニ。葉っぱが自分でゆるりーんと移動していくのが不思議でならない様子。その様子がまた可愛い。
 水が好きな犬なら、この葉っぱを追っかけてザブンと飛び込んでも不思議ではないところだけど(この川は非常に浅い)、ウニ、ここでもじっと流れ行く葉っぱを眺めているだけ。
 そのニュートラルな横顔が面白い。でも頭の中では色んなこと考えているんだろうなぁ。

 もうひとつ好きな場所(もの)は巨大な石。これは公園の外側あるんだけど、この石に飛び乗るのが日課となっている。
 JRTは三次元の動きができる犬と説明されていることがあるけど、その通り、猫のように上方に向かってのジャンプがすごい。この巨大な石へのジャンプもはじめは怖がっていたけど、私が「絶対できるから飛んでみなさいよ!」と応援したら本当に飛べて、自分が飛べるとわかったらその後、ここを通る度に飛び乗ってみないと気が済まないらしい。
 これと同様、いつも行く郵便局までの道のりに大きな木があるんだけど、そのまたの部分に飛び乗って自転車道路を過ぎる人々を眺めるのが大好き。猫のようなウニ。

 こんな感じで天気がいい日のお散歩は私にとってもウニにとっても楽しいものなんだけど、寒い日はがたがた震えているウニ。
 洋服を着せるとある程度は暖かくなるみたいだけど、それでも寒い日の散歩は辛い。
 コタツがあったら絶対に丸くなって寝ているウニだろうなぁ。
e0079166_21332346.jpg

[PR]
by alltomsverige | 2005-11-09 21:34 | ウニ ジャックラッセル
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧